メインメニューを開く

白鬚線(しらひげせん)は、かつて東京都墨田区向島駅から白鬚駅までを結んでいた京成電気軌道(後の京成電鉄)の鉄道路線廃線)である。

白鬚線
向島駅跡(2006年5月9日八広 - 京成曳舟)
向島駅跡
(2006年5月9日八広 - 京成曳舟)
概要
現況 廃止
起終点 起点:向島駅
終点:白鬚駅
駅数 4駅
運営
開業 1928年4月7日 (1928-04-07)
廃止 1936年3月1日 (1936-3-1)
所有者 京成電気軌道
路線諸元
路線総延長 1.4 km (0.87 mi)
軌間 1,372 mm (4 ft 6 in)
電化 直流600 V 架空電車線方式
テンプレートを表示
駅・施設・接続路線
京成押上線
eABZq+l eBHFq
0.0 向島駅
exBHF
長浦駅
exBHF
京成玉ノ井駅
xKRZ BHFq
東武伊勢崎線
exSTR
exKBHFe
1.4 白鬚駅

目次

路線データ編集

  • 路線距離(営業キロ):1.4km[1]
  • 軌間:1372mm[1]
  • 駅数:4駅(向島駅、白鬚駅含む)
  • 複線区間:全線複線(後年単線化されたとの説あり)
  • 電化区間:全線電化(直流600V)
  • 閉塞方式

路線概要編集

もともとは王子電気軌道(現在の都電荒川線)への連絡を目指して建設された路線の一部で、三ノ輪橋停留場まで延長し、相互直通することを目論んでいた。とりあえず第一期として1928年に向島駅 - 白鬚駅が開業している。

当時の京成電鉄は押上駅が終点であり、都心へのルート確保に苦悶していた。隅田川を挟んだ浅草への延長は東武鉄道だけに認められ、京成にはなかなか認められなかった(焦った京成は東京市会を巻き込んだ京成疑獄事件を引き起こすことになる)。そのため、当時同じ東京川崎財閥の影響下にあった王子電気軌道との直通で何とか都心へのルート確保を目指したのである。当時の京成は王子電気軌道と同じ1,372mm軌間であるため、直通は容易であった。しかしながら、向島駅の配線は押上方から直通可能な分岐であったとされ、さらに王子電気軌道に直通したとしても都心への直接のルートにはならないため、やや存在意義に疑問の残る路線であった。

その後、京成は1930年上野 - 筑波山までの免許を保有していた筑波高速度電気鉄道を吸収し、1933年上野公園駅 - 青砥駅の新線を開業させたため存在意義を失ってしまった。さらに東京市から平面交差していた道路の都市計画による立体交差を義務付けられたことも重なり、1936年には早くも全線が廃止となった。開業からわずか8年での廃止であった。白鬚線が分岐していた向島駅1943年に休止され、1947年に廃止された。なお、京成は廃線敷をバス専用道路に改築する計画を当局に提出していたが、実現することなく宅地として売却された。

既に廃止から相当の年数が経過しており、戦災や宅地化により白鬚線の痕跡を見つけることは非常に困難となっている。向島駅跡は工事など際の作業基地や向島にあった都営地下鉄浅草線の車両基地(向島検修場)への信号場などとして幾度か利用されている(「向島駅」の項目参照)。また、終点の白鬚駅は白鬚橋病院の旧病棟があった場所だとされる。なお、白鬚線の廃止直後の様子が永井荷風の『濹東綺譚』の中に描かれている。

運行概要編集

1934年9月15日改正当時

  • 列車本数:5 - 0時の間において、ほぼ16分間隔で運転
  • 所要時間:全線4・5分

開業当初は押上から直通運転されていたものの、乗客が少ないことからほどなく向島駅に白鬚線専用ホームが作られ、線内折り返しでの運転が中心になっていた。その後単線化されたようであり、晩年は単行電車が終日線内を往復していたという。

歴史編集

  • 1918年(大正7年)5月1日 軌道特許状下付(南葛飾郡寺島村大字寺島字水道向-同村同大字字馬場間)[2]
  • 1920年(大正9年)6月21日 特許失効(南葛飾郡寺島村大字寺島字馬場十番地-同村同大字字馬場八番地間 工事施工ノ認可ヲ得サルタメ)[3]
  • 1928年(昭和3年)4月7日 開業[1]
  • 1936年(昭和11年)3月1日 全線廃止[4]

駅一覧編集

向島駅 - 長浦駅 - 玉ノ井駅(「京成玉ノ井駅」との記録もあり) - 白鬚駅

接続路線編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 『地方鉄道及軌道一覧 : 附・専用鉄道. 昭和10年4月1日現在』(国立国会図書館デジタルコレクション)
  2. ^ 「軌道特許状下付」『官報』1918年5月4日(国立国会図書館デジタルコレクション)
  3. ^ 「軌道特許失効」『官報』1920年6月21日(国立国会図書館デジタルコレクション)
  4. ^ 1月27日軌道運輸営業廃止許可 「軌道運輸営業廃止実施」『官報』1936年6月3日(国立国会図書館デジタルコレクション)