メインメニューを開く

松木 宗子(まつのき むねこ、明暦3年12月30日1658年2月2日) - 享保17年8月30日1732年10月18日))は江戸時代初期の女性霊元天皇典侍で、東山天皇京極宮文仁親王ら3男4女の母。父は内大臣松木宗条、母は河鰭秀子女房名は大典侍・上臈局。准三后女院。院号は敬法門院

東山天皇即位後の元禄2年(1689年)に准三后となり、東山天皇崩御後の正徳元年12月23日(1712年1月19日)に55歳で出家、女院となる。

享保17年(1732年)8月30日、76歳で薨去。墓所は京都府京都市上京区清浄華院

なお、皇女の一人である福子内親王伏見宮家の邦永親王との間に貞建親王を儲け、貞建親王の曾孫に当たる邦家親王旧皇族11宮家の源流となっていることから、敬法門院は女系女子では皇族と旧皇族11宮家の最後の共通の先祖となっている(女系男子としては霊元天皇、男系男子としては貞成親王、男系女子では敷政門院が最後の共通の先祖である)。