メインメニューを開く

京都市道182号蹴上高野線

日本の京都府京都市の道路

京都市道182号蹴上高野線(きょうとしどう182ごう けあげたかのせん)は、京都府京都市東山区西小物座町から同市左京区田中上古川町に至る主要地方道である。

主要地方道
Japanese Route Sign Number 1.svgJapanese Route Sign Number 8.svgJapanese Route Sign Number 2.svg
都道府県道182号標識
京都市道182号蹴上高野線
制定年 1954年建設省指定、京都市認定
起点 京都府京都市東山区西小物座町
終点 京都府京都市左京区田中上古川町
接続する
主な道路
記法
京都市道187号鹿ヶ谷嵐山線
京都府道30号下鴨大津線
京都市道181号京都環状線
テンプレート(ノート 使い方) PJ道路

概要編集

路線データ編集

京都市公報[1]に基づく起終点および経過地は次のとおり。

  • 起点 : 京都市東山区元粟田学区西小物座町(蹴上交差点=京都府道143号四ノ宮四ツ塚線交点)
  • 終点 : 京都市左京区田中古川町(高野交差点=京都市道181号京都環状線交点)
  • 重要な経過地 : 市道仁王通三条から西へ、南禅寺通、白川通、北大路の各一部を経過して東大路の京都環状線交点との境界まで

歴史編集

本路線は、道路法(昭和27年法律第180号)第56条の規定に基づき、京都市道の仁王門通、南禅寺通、白川通北大路の各一部を主要な市道として1954年に指定された[2]

年表編集

  • 1954年昭和29年)1月20日
    建設省(当時)が京都市道4路線の各一部を蹴上高野線として主要地方道に指定[2]
  • 1954年(昭和29年)3月11日
    京都市が京都市道4路線の各一部を蹴上高野線として主要地方道に認定[1]

地理編集

通過する自治体編集

接続する道路編集

沿線編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b “道路法第八条の規定に基く主要地方道路線認定(昭和29年3月11日京都市告示第127号)”, 京都市公報 (京都市) 第1713号: 94, (1954年3月11日) 
  2. ^ a b “道路法第五十六条の規定に基づく主要な都道府県道及び市道(昭和29年1月20日建設省告示第16号)”, 官報 (国立印刷局) 号外第2号: 1-28, (1954年1月20日) 

関連項目編集

外部リンク編集