メインメニューを開く

今、きらめいて』(いま、きらめいて)は、1994年(平成6年)9月18日から2001年(平成13年)3月まで、東北電力一社提供の30分のローカル番組ドキュメンタリー番組。

フジテレビ系列局仙台放送をキー局として、青森テレビ秋田テレビIBC岩手放送[1]山形放送[2]福島テレビ新潟放送[3]のネット系列を超えた東北6県と新潟県の民放7局ネットで放送された。

概要編集

1994年9月18日に『サンデートーク』(のちの『新・サンデートークごきげんよう草柳です』)の後番組として開始され、ドキュメントタッチのVTRで構成された。その関係から『サンデートーク』で司会を務めた草柳大蔵(評論家)が「監修」という形でクレジットされていた。

当初は、司会者の廣瀬純(歌手)らが進行する生放送部分があったが、1年間で生放送の部分はなくなり、全編VTRとなった。

青森県では、番組開始当初は『サンデートーク』時代に続いて青森放送がネットしていたが、1995年4月、ミヤギテレビ制作(日本テレビ系列ブロック)の東北電力一社提供番組『ネットワーク・7』放送開始に伴いネット局を交換、青森テレビが放送することになった。

2001年3月をもって終了した。その後の仙台放送制作・東北電力提供番組は以下のように変遷している。詳しくはそれぞれの番組の項を参照されたい。

脚注編集

  1. ^ 岩手県では、1991年岩手めんこいテレビが開局したが、前番組の『新・サンデートーク』時代から岩手放送→IBC岩手放送スポンサーの契約が継続されていたこともあってか、岩手めんこいテレビ開局後も、最終回までIBCで放送されていたと思われる。
  2. ^ 山形放送(YBC)は、山形テレビ(YTS)のネットチェンジ以降、YTS同様に、フジテレビからフジテレビ系番組の番組販売を拒否されていたが、前番組の『新・サンデートーク』時代からYBCにスポンサーの契約が継続されていた関係もあってか、フジテレビからフジテレビ系番組の番組販売の拒否の対象から除外されていたようである。ちなみに、山形県では、本番組放送期間中にさくらんぼテレビが開局したが、前番組の『新・サンデートーク』時代から山形放送(YBC)にスポンサーの契約が継続されていたこともあってか、さくらんぼテレビ開局後も、最終回までYBCで放送されていたと思われる。
  3. ^ 前番組の『新・サンデートーク』時代から新潟放送(BSN)にスポンサーの契約が継続されていたこともあってか、最終回までBSNで放送されていたと思われる。