メインメニューを開く

今井 清一(いまい せいいち、 1924年2月7日 - )は、日本の歴史学者政治学者横浜市立大学名誉教授。専門は日本近現代史政治史

目次

略歴編集

群馬県前橋市出身。群馬県立前橋中学校(現、群馬県立前橋高等学校)、第一高等学校を経て、1942年東京帝国大学法学部政治学科入学、1945年9月卒業、1947年東京帝国大学大学院に入学。1952年横浜市立大学専任講師、1955年同助教授、1960年同教授、1991年、湘南国際女子短期大学教授。丸山眞男に学び、1955年藤原彰遠山茂樹との共著『昭和史』は亀井勝一郎らとの「昭和史論争」を起こした。2010年、第16回横浜文学賞受賞[1]。2013年、神奈川文化賞受賞[2]

リヒャルト・ゾルゲと共にソ連のスパイとして活動し、裁判を経て死刑に処された尾崎秀実は妻の父である。 義理の叔父の尾崎秀樹が主宰の「中国の会」にも参加[3]、やはり尾崎秀樹主宰の「ゾルゲ事件研究会」にも参加していた[4]

著書編集

単著編集

  • 『日本の歴史(23) 大正デモクラシー』(中央公論社, 1966年/中公バックス, 1971年/中公文庫, 2006年)
  • 『日本近代史(2)』(岩波書店, 1977年)
  • 『大空襲5月29日―第二次大戦と横浜』(有隣堂, 1981年/新版, 1995年)
  • 『横浜の関東大震災』(有隣堂, 2007年)
  • 『濱口雄幸伝(上・下)』(朔北社, 2013年)

共著編集

編著編集

共編著編集

編纂史料編集

  • 『現代史史料(4)国家主義運動1』(高橋正衛共編, みすず書房, 1963年)
  • 『現代史資料(44)国家総動員2 政治』(伊藤隆共編, みすず書房, 1974年)
  • 『開戦前夜の近衛内閣―満鉄「東京時事資料月報」の尾崎秀実政治情勢報告』(青木書店, 1994年)

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 主な事業のご紹介」『横浜文芸懇話会』
  2. ^ 第62回神奈川文化賞・スポーツ賞贈呈式」『神奈川県』
  3. ^ 峯島正行『荒野も歩めば径になる ロマンの猟人・尾崎秀樹の世界』実業之日本社 P.382
  4. ^ 峯島正行『荒野も歩めば径になる ロマンの猟人・尾崎秀樹の世界』 実業之日本社 2009 P.359

外部リンク編集