メインメニューを開く

今田 真人(いまだ まさと、1955年8月 - )は、日本ジャーナリスト[1][注 1]

いまだ まさと
今田 真人[1]
生誕 1955年8月[1][2]
日本の旗 日本広島県広島市[1]
出身校 名古屋大学文学部史学科[1]
職業 ジャーナリスト[1]
公式サイト 公式ウェブサイト
今田真人(経済ジャーナリスト・脱原発) (@masatoimada2) - Twitter

目次

経歴編集

広島市生まれ[2]1980年3月、名古屋大学文学部史学科(西洋史専攻)卒業[2]。同年4月、赤旗編集局に入局[2]。テレビラジオ部、政経部、中四国総局、社会部、経済部、日曜版など各部の記者を歴任し、2011年5月31日退職[1]。同年6月1日よりフリーランスの経済ジャーナリスト[1]

1993年10月、吉田清治 (文筆家)へのインタビューを担当[1]2015年4月、当時赤旗紙面に掲載されなかった部分を含む吉田証言全文を自著で公表した[1]

著作編集

単著編集

共著編集

  • 『「慰安婦」問題の現在――「朴裕河現象」と知識人』三一書房、2016年4月

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ 日本共産党中央委員・佐賀県委員長の今田真人は同姓同名の別人。

出典編集