メインメニューを開く

伊号第四百二潜水艦

日本の潜水艦
艦歴
計画 昭和18年度計画(改マル5計画
起工 1943年10月20日
進水 1944年9月15日
就役 1945年7月24日
その後 1946年4月1日撃沈処分
除籍 1945年11月30日
性能諸元
排水量 基準:3,530 t(水上)
6,560 t(水中)
全長 122m
全幅 12m
吃水 7.02m
機関 艦本式22号10型ディーゼル4基2軸7,750馬力(5,843.5 kW)
電動機2基2,400馬力(1,788 kW)
最大速 速力:18.7kt
(水上)6.5kt(水中)
航続距離 37,500 浬(水上:14 kt)
60 浬(水中:3 kt)
安全潜行深度 100 m
兵員 157名
兵装 40口径14cm単装砲 1門
25mm3連装機銃 3基9挺
25mm単装機銃1挺
533mm艦首魚雷発射管艦首 8門
魚雷20本搭載
四式一号一〇型射出機 1基
航空機 晴嵐 3機

伊号第四百二潜水艦[1](いごうだいよんひゃくにせんすいかん)は、第二次世界大戦中の大日本帝国海軍潜水艦伊四百型潜水艦の三番艦。

概要編集

他の二隻の僚艦と同じく、完成が遅すぎたため実戦を経験することなく、戦後の1946年4月1日五島列島沖で他の潜水艦23隻と共に処分される「ローズエンド作戦」に参加。アメリカ軍の実艦標的として海没処分となった。

正確な沈没地点は長い間不明であったが2015年7月に船影を海上保安庁が、8月7日に日本テレビの報道番組真相報道バンキシャの取材チームが五島列島沖に沈む本艦と見られる格納筒を発見したという。

2017年9月7日、五島列島沖で沈没艦の調査をしていたラ・プロンジェ深海工学会が本艦及びその他の艦の艦種を特定したと発表した[2][3][4][5]。これにより沈没地点が特定された。2017年現在は正立状態で沈んでいる。

艦歴編集

  • 1943年(昭和18年)10月20日 - 佐世保海軍工廠で起工。
  • 1944年(昭和19年)5月20日 - 「伊号第四百二潜水艦」と命名[1]
    • 9月15日 - 進水。
  • 1945年(昭和20年)7月頃 - 軽質油輸送用潜水艦に改造[6]
    • 7月24日 - 竣工。連合艦隊第6艦隊第1潜水隊に所属。
    • 8月11日 - で爆撃をうけ損傷[7]。呉で整備中に敗戦を迎える。
    • 11月30日 - 除籍。
  • 1946年(昭和21年)4月1日 - 長崎県五島列島北方の東シナ海でアメリカ軍の実艦標的として撃沈処分。
  • 2015年平成27年)8月7日 - 海上保安庁が同年7月に観測船「海洋」が伊号第四百二潜水艦と思われる沈没船を発見したと発表した[8][9][10][11][12][13][14][15]
    • また、日本テレビ真相報道バンキシャの取材チームも「伊四百二潜水艦」と思われる構造物を発見している。
  • 2017年(平成29年)5月 - 音波探知機の調査により、存在および艦影がより明らかになる[16]
    • 9月7日 - 沈没位置が特定される。

歴代艦長編集

※『艦長たちの軍艦史』443頁による。

艤装員長編集

  1. 中村乙二 中佐:1945年3月15日 -

艦長編集

  1. 中村乙二 中佐:1945年7月24日 -

同型艦編集

伊400 - 伊401 - 伊402 - 伊404(未成)- 伊405(建造中止)

脚注編集

参考文献編集

関連項目編集