メインメニューを開く

伊藤吉之助

伊藤 吉之助(いとう きちのすけ、1885年(明治18年)1月4日 - 1961年(昭和36年)7月7日)は、日本哲学者

目次

略歴編集

山形県酒田市出身。旧姓は須田。生家は雑貨卸商であった[1]

1903年山形県立荘内中学校を卒業し、第一高等学校 を経て1909年東京帝国大学文学部哲学科卒。卒業論文は「カントを中心とした空間論」であった[1]。帝大の同期生には安倍能成小山鞆絵宮本和吉らがいた。また、阿部次郎と宮本和吉と合わせて「庄内の哲学三羽烏」と呼ばれた[1]。その後大学院に5年在学し、1911年から1918年にかけて東京帝国大学副手。1920年ドイツに留学、ベルリンハンブルクフライブルクに学び、1922年に帰国する。1923年に東京帝国大学講師となり、1926年助教授1930年教授へ昇任する。この頃、主任編者として『岩波哲学小辞典』を編纂した。1935年、恩師の桑木厳翼の退官に伴って哲学科の主任に就任[1]1945年に東京帝国大学を退官し、北海道帝国大学法文学部設立準備委員として学部設立の準備にあたった[1]

1947年に北海道帝国大学法文学部長、1950年に北海道大学初代文学部長となったが、その後1951年東京に戻り、1958年まで中央大学文学部教授。1955年から1958年までは文学部長を務めた。1961年没、瑞宝章を授かる[2]。菩提寺は酒田市の善導寺[1]。遺族から、蔵書や著書の原稿などが酒田市に寄贈され、光丘文庫に収められている。

エピソード編集

北海道大学でも中央大学でも哲学専攻をつくり各大学にその礎をつくった。

著書編集

  • 哲学概論(第1-3分冊 東京プリント刊行会 1936年 - 1937年)
  • 最近の独逸哲学(理想社 1944年)
編纂

翻訳編集

参考編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f 郷土の先人・先覚41 《伊藤 吉之助》”. 荘内日報社. 2017年5月6日閲覧。
  2. ^ 官報』第10383号、1961年7月31日、715頁