メインメニューを開く
阿部次郎

阿部 次郎(あべ じろう、1883年明治16年)8月27日 - 1959年昭和34年)10月20日)は、哲学者美学者、作家仙台市名誉市民

生涯編集

1883年、山形県飽海郡上郷町(後の松山町、現・酒田市大字山寺に生まれる。父は教師。8人兄弟の次男。8人兄弟のうち、阿部余四男(動物学者、広島大学教授)、竹岡勝也(日本史学者、九州帝国大学教授)、阿部六郎(ドイツ文学者、旧制成城高校東京藝術大学教授)と、次郎を含む4人が大学の教師となる。

荘内中学(現・山形県立鶴岡南高等学校)から山形中学(現・山形県立山形東高等学校)へ転校。校長の方針に反発し、ストライキを起こして退学。その後、上京して京北中学校へ編入。

1901年(明治34年)、第一高等学校入学。同級生に鳩山秀夫岩波茂雄荻原井泉水、一級下に斎藤茂吉がいた。1907年(明治40年)、東京帝国大学に入学し、ラファエル・フォン・ケーベル博士を師と仰ぐ。卒業論文「スピノーザの本体論」で哲学科を卒業。夏目漱石に師事していたこともあり、森田草平小宮豊隆和辻哲郎と親交を深めた。

1914年大正3年)に発表した『三太郎の日記』は大正昭和期の青春のバイブルとして有名で、学生必読の書であった[1](大正教養主義を主導)。1917年(大正6年)に一高の同級生であった岩波茂雄が雑誌『思潮』(現在の『思想』)を創刊。その主幹となる。

慶應義塾日本女子大学校の講師を経て1922年(大正11年)、文部省在外研究員としてのヨーロッパ留学。同年に『人格主義』を発表。真・善・美を豊かに自由に追究する人、自己の尊厳を自覚する自由の人、そうした人格の結合による社会こそ真の理想的社会であると説く(人格主義を主張)。

帰国後の1923年(大正12年)東北帝国大学に新設の法文学部美学講座の初代教授に就任。以来23年間美学講座を担当。1941年(昭和16年)、法文学部長を務める。1945年(昭和20年)、定年退官。1947年(昭和22年)、帝国学士院会員となる。1954年(昭和29年)、財団法人阿部日本文化研究所を設立して理事長兼所長を務める。

大正末年から『改造』に連載した『徳川時代の藝術と社会』で、歌舞伎浮世絵といった徳川時代芸術に、人を明るくさせる、高める性質がないとし、それは抑圧された町人たちの文化だからだと説いた。また遊里の文化的生産性を認めつつ、それが女奴隷が女王であるという矛盾を抱えていることも明らかにした。

哲学者や夏目漱石門下の作家らとの交流や、山形で同郷の斎藤茂吉土門拳との交流は有名。第二次世界大戦後は角川源義と親しみ、ために『三太郎の日記』ほかの著作は角川書店から文庫版などで刊行され、没後、全17巻の全集が角川書店から刊行された。

1958年(昭和33年)、脳軟化症のため入院。1959年、仙台市名誉市民の称号を贈られる。同年10月20日、東北大学医学部附属病院にて死去[2]戒名は老心院殿仁道次朗居士[3]。現在、酒田市(旧・松山町)の生家は阿部記念館となっており、東北大学には阿部次郎記念館がある。

記念賞編集

阿部次郎文化賞(酒田市)編集

旧・松山町では阿部次郎文化賞を設けていたが、2005年に酒田市と合併したことで、現在は酒田市は引き継ぎ、2008年には長谷川公一東北大学教授が受賞するなど、合計17の個人と3つの団体に授与されている。

阿部次郎記念賞(東北大学文学部)編集

東北大学創立100周年を機に2008年に創設。全国の高校生からエッセーを募集し、顕彰している。

主な著作編集

  

  • 1922年(大正11年)
    • 『人格主義』『地獄の征服』(岩波書店) 
    • 『北郊雑記』(改造社
    • 『学芸論鈔』(下出書店)
  • 1931年(昭和6年)『徳川時代の藝術と社会』(改造社のち角川選書
  • 1933年(昭和8年)『游欧雑記 独逸の巻』(改造社)
  • 1934年(昭和9年)『世界文化と日本文化』(岩波書店) 
  • 1937年(昭和12年)『秋窓記』(岩波書店) 
  • 1938年(昭和13年)『日本の文化的責任』(教学局) 
  • 1945年(昭和20年)
    • 『万葉時代の社会と思想』(生活社) 
    • 『万葉人の生活』(生活社) 
  • 1949年(昭和24年)『残照』(羽田書店)
  • 1949年(昭和24年)阿部次郎選集 第1-6(羽田書店)
  • 1950年(昭和25年)『勤労』(労働文化社)
  • 1953年(昭和28年)『点描日本文化』(角川書店)
  • 1960年(昭和35年)-1966年(昭和41年)阿部次郎全集 全17巻(角川書店)

脚注編集

  1. ^ 【時代の証言者】中西進(14)学友3人「源氏」読破『読売新聞』朝刊2019年11月4日掲載によると、出隆『哲学以前』、西田幾多郎善の研究』と並ぶ旧制高校生の必読書であったという。
  2. ^ 東文研アーカイブデータベース
  3. ^ 岩井寛『作家の臨終・墓碑事典』(東京堂出版、1997年)9頁

参考文献編集

関連項目編集

外部リンク編集