メインメニューを開く

伝香寺

奈良市の仏教寺院

伝香寺(でんこうじ)は、奈良県奈良市小川町にある律宗の寺院。山号はなし。本尊は釈迦如来。花びらが一枚ずつ散ってゆく散り椿は、東大寺開山堂の糊こぼし・白毫寺の五色椿と並び「奈良三名椿」に数えられる。

伝香寺
Denkou-ji 201401.jpg
所在地 奈良県奈良市小川町24
位置 北緯34度40分50.2秒
東経135度49分32.7秒
座標: 北緯34度40分50.2秒 東経135度49分32.7秒
宗旨 律宗
本尊 釈迦如来
創建年 伝・宝亀2年(771年)
開基 伝・思託
中興年 天正13年(1585年)
中興 芳秀宗英尼
札所等 大和北部八十八ヶ所霊場 第10番
文化財 本堂、木造地蔵菩薩立像(重要文化財)
法人番号 1150005000293
伝香寺の位置(奈良市内)
伝香寺
テンプレートを表示

歴史編集

伝承によれば、鑑真和上の弟子である思託(したく)律師により宝亀2年(771年)に開創され、当初の寺号を実円寺と称したという。天正13年(1585年)に戦国武将筒井順慶の母・芳秀宗英尼が順慶の菩提を弔うために再興した。現存する本堂はその時のものである。開山には唐招提寺の泉奘を招いた[1][2]

建造物編集

  • 本堂(重要文化財)-天正13年(1585年)の再興時に建立された寄棟造・方三間の建物で、本尊釈迦如来坐像が安置されている。
  • 表門(奈良県指定文化財)

文化財編集

重要文化財編集

  • 本堂
  • 木造地蔵菩薩立像・像内納入品
    • (以下、像内納入品明細)
    • 木造薬師如来坐像 1躯、種子「ア」 1紙、碧瑠璃舎利壺 1口、絹編袋 1口(以上頭部内)
    • 紙本墨書般若心経 1紙、宋版細字法華経(一部七巻) 1帖、紙本墨書解深密経 1巻、紙本墨書願文 3通、紙本墨書結縁交名 1通(以上腹部内)
    • 木造十一面観音立像 1躯(以上左腿部内)
鎌倉時代に一部に流行した裸形着装像で、別名・裸地蔵とも呼ばれる。裸形の木像の上に、普段は布製の法衣が着せられている。像内納入品のガラス瓶、小仏像等も一括して重要文化財に指定されている。納入品の願文の年紀から安貞2年(1228年)の作と判明し、仏師善円と推定される。[3]

奈良県指定有形文化財編集

  • 木造聖徳太子(南無仏太子)立像

伝香寺旧蔵の文化財編集

  • 木造聖観音立像 - 昭和4年(1929年)重要文化財(当時の国宝)に指定。第二次大戦後、民間の所有を経て文化庁保管となった(2010年度購入)。像高113cm。平安時代中期、10世紀頃の作品[4]
  • 南瞻部洲大日本国正統図 - 重要文化財。現在、唐招提寺の所蔵となっている。

アクセス編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 『日本名刹大事典』、p.632
  2. ^ 伝香寺の歴史(学校法人伝香寺学園サイト)
  3. ^ (倉田、1973)、pp.42 - 43, 83 - 84, 110
  4. ^ 平成22年度文化庁購入文化財一一覧(「購入文化財の概要」を参照)

参考文献編集

  • 『日本歴史地名大系 京都市の地名』、平凡社、1979
  • 圭室文雄『日本名刹大事典』、雄山閣、1992
  • 倉田文作「像内納入品」『日本の美術』86、1973

関連項目編集

  • 行基図 - 戦国時代の代表的な現存の行基図である『南瞻部洲大日本国正統図』は、元は伝香寺に収められたものであったが明治維新の混乱期に流出し、後に唐招提寺によって買い取られて同寺の寺宝(現在重要文化財)となった。

外部リンク編集