メインメニューを開く

佐々木顕発

佐々木 顕発(ささき あきのぶ[1])は、江戸時代末期の旗本。一介の旗本家来から御家人、旗本となり、勘定奉行町奉行外国奉行等へと大出世した人物として知られる。

 
佐々木顕発 
時代 江戸時代後期
生誕 文化3年(1806年
死没 明治9年(1876年12月31日
別名 通称:脩輔、蘭斎
墓所 谷中霊園
官位 従五位下信濃守飛騨守
幕府 江戸幕府支配勘定評定所留役→勘定組頭
勘定吟味役奈良奉行大坂東町奉行
小普請奉行勘定奉行徒頭作事奉行
北町奉行西丸留守居南町奉行
外国奉行
氏族 佐々木氏
父母 父:河野周助

目次

経歴編集

飛騨郡代所の地役人(元締手代河野周助の子として生まれた。後に江戸に出て、幕府奥右筆田中龍之助良顕に侍(武家奉公人)として仕えた。その後田中の援助により御徒の家に養子入りした。文政9年(1826年)御徒に抱入れられ御家人となった(職禄70俵5人扶持)。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 日本歴史学会『明治維新人名辞典』吉川弘文館、1981年。

参考文献編集

関連項目編集

外部リンク編集