メインメニューを開く

武家奉公人

石川流宣「大和耕作絵抄」の中間
時代祭での武家奉公人

武家奉公人(ぶけほうこうにん)とは、文字通り武家奉公する者を言う。江戸時代以前では主家に仕える(奉公する)武士も含めて単に奉公人と呼んだ。江戸時代以降はもっぱら非武士身分の中間小者を指した。

目次

種類編集

武家奉公人は若党、中間、小者などの呼称があるが、地域、、各武家によっても意味合いに差があり、厳密な区別はできるものではない。したがって下記にある若党、中間、小者に分けた解説はあくまで参考程度の内容である。

若党(わかとう)
貞丈雑記』に「若党と云はわかき侍どもと云事也」とあるように本来は文字通り若き郎党を指したもの[1]であるが、江戸時代には武家に仕える軽輩を指すようになった。その身分は徒士侍足軽の中間とも足軽以下とも言われた。「若党侍」とも呼ばれるが士分ではなく大小を差し羽織を着用して主人の身辺に付き添って雑務や警護を務めた[2]。一季か半季の出替り奉公が多く年俸は3両1人扶持程度であったため俗に「サンピン侍」と呼ばれた。
中間(ちゅうげん)
脇差1つを挿し、時には戦いにも参加し、平時は雑用を行った。大名行列等では(やっこ)の役を務めた。
渡り中間に代表されるように、一時限りの奉公の場合が多い。
一時限りの中間
広く一般的に知られる中間はこれを指す。
江戸期になると、年季契約や、必要な時のみ口入れ屋から雇い入れるということがしばしば行われた。多くは百姓の次男以下などが奉公したが、武家屋敷の多い江戸など大都市では屋敷を渡り歩く渡り中間のような専門の奉公人を雇うことも多かった。
特殊な中間
広く一般的に知られる中間とは異なり、世襲で藩に仕え[3][4]苗字帯刀が許されている者[5]や幕末に特殊な事例に用いて採用されたりした者を指す。例えば、幕府の五役の御中間や米沢藩の御中間[6]は、譜代の御家人および譜代の足軽格からなる卒身分であり、職制が組の名称となっていた。また、長州藩蔵元の世襲の下級蔵役人としての中間身分であった山縣有朋伊藤博文が、資料などの記述で足軽扱いされるのは[要出典]、本来の広く一般的に知られる一代限りの中間と紛らわしいためであろう。
小者(こもの)
私的武家奉公人。住み込みで主に雑用を行った。小人(こびと)、下男(げなん)とも言う。町方同心が捕物で使ったものを小者と呼ぶことがあった。平民身分。

幕末の変化編集

幕末になって江戸幕府及び諸は、火縄銃装備の「鉄砲組」を廃止し、洋式銃装備の「歩兵隊」や「銃隊」を作る必要に迫られたが、従来の足軽身分のものだけでは不十分なケースが多々見られ、こうした場合、新たに人員を募集し戦国時代の足軽隊に似た歩兵部隊を創設することがあった。これらの身分は足軽より下の中間(ちゅうげん)待遇とされた。

関連人物編集

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ 『世界大百科事典』、日立デジタル平凡社、1998年
  2. ^ 『決定版江戸時代考証総覧』、新人物往来社、1994年、ASIN B00N4T23DQ。
  3. ^ 今泉定介編『故実叢書 武家名目抄 職名部 巻八』 p. 878
  4. ^ 上杉侯家士分限簿』 p. 26
  5. ^ 分限帳 元禄三年』 (米沢藩分限帳) pp. 468-478
  6. ^ 遺穂集』信之部 p. 52

外部リンク編集