メインメニューを開く

座標: 北緯38度04分36秒 東経138度20分52秒 / 北緯38.07667度 東経138.34778度 / 38.07667; 138.34778

航空自衛隊佐渡分屯基地の正門
ゲートガードのF-1支援戦闘機

佐渡分屯基地(さどぶんとんきち、JASDF Sado Sub Base)は、新潟県佐渡市金井新保丙2-27に所在し、第46警戒隊が配置されている航空自衛隊入間基地の分屯基地である。標高510mの両尾山(むろおやま)付近に庁舎があり、レーダーサイト金北山(きんぽくさん・標高1,171.9m)山頂J/FPS-2を運用していたが、2010年平成22年)よりその西隣の妙見山(みょうけんさん・標高1,042m)山頂に建設され稼動を始めたJ/FPS-5にその役割が引き継がれた。

また、この基地自衛隊創設以来初めての自衛隊法違反事件として有名になった、反戦自衛官小西誠三曹の所属していた基地でもある。

分屯基地司令は、第46警戒隊長が兼務。

目次

配置部隊編集

中部航空方面隊隷下編集

沿革編集

関連項目編集

外部リンク編集