メインメニューを開く

佐藤 彰一(さとう しょういち、1945年7月28日 - )は、日本の歴史学者。フランク王国史を中心とする西洋中世史の研究で世界的に著名[1]名古屋大学名誉教授、日本学士院会員フランス学士院碑文・美文アカデミー外国人連携会員。名古屋大学大学院教授、フランス社会科学高等研究院客員教授、コレージュ・ド・フランス招聘教授、パリ第1大学招聘教授、西洋中世学会会長などを歴任。日本学士院賞受賞。

略歴編集

山形県東田川郡余目町(現庄内町)出身。山形県立酒田東高等学校卒業。1968年中央大学法学部法律学科卒業、1978年早稲田大学大学院文学研究科西洋史専修博士課程退学。1969-1971年 カーン大学人文学部留学。1979年愛知大学法経学部助教授、1987年名古屋大学文学部助教授、1991年教授、2000年同文学研究科教授。2009年定年退職、特任教授。2009年日本学士院会員、西洋中世学会会長[2]名古屋大学高等研究院アカデミー会員。

1984-1986年 パリ第10大学客員研究員、1995年フランス国立科学研究センター(CNRS)研究員[3]日仏歴史学会理事、早稲田大学博士(文学)、2001年 コレージュ・ド・フランス招聘教授、社会科学高等研究院客員教授、高等研究実習院客員教授、エクス=アン=プロヴァンス大学客員教授、2004年 パリ第1大学招聘教授、2011年フランス学士院碑文・美文アカデミー外国人連携会員[4]

2016年 皇居講書始の儀で「西洋中世修道院の文化史的意義」を進講。

受賞編集

著書編集

単著編集

  • 『修道院と農民――会計文書から見た中世形成期ロワール地方』(名古屋大学出版会 1997年)
  • 『ポスト・ローマ期フランク史の研究』(岩波書店 2000年)
  • 『歴史書を読む――『歴史十書』のテクスト科学』(山川出版社 2004年)
  • 『中世初期フランス地域史の研究』(岩波書店 2004年)
  • 『ヨーロッパの中世(1) 中世世界とは何か』(岩波書店 2008年)
  • 『カール大帝 ヨーロッパの父』(山川出版社<世界史リブレット 人> 2013年)
  • 『禁欲のヨーロッパ――修道院の起源』(中公新書 2014年)
  • 『贖罪のヨーロッパ――中世修道院の祈りと書物』(中公新書 2016年) 
  • 『剣と清貧のヨーロッパ――中世の騎士修道会と托鉢修道会』(中公新書 2017年) 
  • 『宣教のヨーロッパ――大航海時代イエズス会托鉢修道会』(中公新書 2018年11月)
  • 『歴史探究のヨーロッパ――ヨーロッパ-修道制を駆逐する啓蒙主義』(中公新書 2019年11月)  

共著編集

共編著編集

  • 早川良弥 『西欧中世史(上) 継承と創造』(ミネルヴァ書房 1995年)
  • 池上俊一・高山博 『西洋中世史研究入門』(名古屋大学出版会 2000年、増訂版2005年)

訳書編集

  • ベルナール・グネ『オルレアン大公暗殺 中世フランスの政治文化』 畑奈保美共訳(岩波書店 2010年)
  • パミラ・カイル・クロスリー『グローバル・ヒストリーとは何か』(岩波書店 2012年)
  • ベルンハルト・ビショッフ『西洋写本学』 瀬戸直彦共訳(岩波書店 2015年)

出典編集

[ヘルプ]
  1. ^ 「文学部史学科世界史学専修主催公開講演会「ヨーロッパ、海域、そしてユーラシア:近代以前の世界」」立教大学
  2. ^ [1]名古屋大学
  3. ^ [2]名古屋大学
  4. ^ 「佐藤彰一教授略歴・業績」名古屋大学文学部研究論集. 史学. v.55, 2009, p.1-14
  5. ^ [3]日本学士院