メインメニューを開く

佐藤 賢一(さとう けんいち、1968年[1]3月12日 - )は、山形県鶴岡市出身の日本小説家[1]

佐藤 賢一
誕生 1968年3月12日
山形県鶴岡市
職業 小説家
国籍 日本の旗 日本
教育 修士歴史学
最終学歴 東北大学大学院文学研究科フランス文学専攻博士課程単位取得満期退学
活動期間 1993年 -
ジャンル 歴史小説
代表作傭兵ピエール
『王妃の離婚』
女信長
『小説フランス革命』
主な受賞歴 小説すばる新人賞(1993年)
直木賞(1999年)
毎日出版文化賞特別賞(2014年)
デビュー作 『ジャガーになった男』
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

目次

人物・作風編集

主に中世から近世にかけてのヨーロッパを舞台とした歴史小説を多く書いている。史実をもとにしながら、奇想天外なストーリー、登場人物たちの濃厚な性格描写などで知られる。

歴史学博士課程を満期退学した経歴を生かし、フランス語史料も駆使して緻密に時代背景を描写する作風である。また、地の文から切れ目無く独白に入り、最後にカギカッコ付きの独白で締めるという独特の文体を多用する。『黒い悪魔』『褐色の文豪』『象牙色の賢者』では、三代に渡るアレクサンドル・デュマ(トマ大デュマ小デュマ)について、それぞれの生涯を一冊ずつ書いている[2]

デビュー以来ヨーロッパ史を題材とした作品をものしてきたが、近年は日本の歴史小説、アメリカを舞台にした近未来小説なども手がけている。

鶴岡市在住。

経歴編集

山形県鶴岡市に生まれる。山形県立鶴岡南高等学校卒業。山形大学教育学部卒業。東北大学大学院文学研究科西洋史学専攻修士課程修了。同フランス文学専攻博士課程単位取得満期退学。1993年在学中に『ジャガーになった男』で第6回小説すばる新人賞を受賞。1999年『王妃の離婚』で第121回直木賞を受賞[1]2005年1月から新聞連載を開始した『女信長』では、初めて日本史にも挑戦した。2014年『小説フランス革命』で第68回毎日出版文化賞特別賞を受賞[1]

作品編集

小説編集

アンソロジー参加作品編集

ノンフィクション編集

漫画原作編集

その他編集

エピソード編集

野球ファンとして知られるが、かつて鶴岡市のタウン誌に誤認に基づく内容のコラムを記載し[3]、物議を醸した。(モンテディオ山形サポーターの抗議に後日発行元が陳謝している。)

脚注編集

関連項目編集