メインメニューを開く

倉島 節尚(くらしま ときひさ、1935年5月5日 - )は、日本の書籍編集者、国語辞典編集者三省堂において、国語辞典古語辞典の編集を担当した。大辞林(初版)刊行時の編集長として知られる。三省堂常務を経て、大正大学文学部名誉教授。

国立国語研究所「外来語」委員会の委員でもある。

略歴編集

主な編著書編集

  • 「杉楊枝」1976年 古典文庫
  • 「続落久保物語」1981年 古典文庫
  • 「本朝美人鑑」 1985年 古典文庫
  • 「やうきひ物語」1986年 古典文庫
  • 「近世怪奇談」1992年 古典文庫

その他編集

金田一春彦の論文「アクセントから見た日本祖語と字音語」に佐久方言アクセントインフォーマントとして参加している(『金田一春彦著作集 第7巻所収』)。

外部リンク編集