メインメニューを開く

賀陽 健憲(かや たけのり、1942年8月5日 - 2017年7月20日)は、日本旧皇族賀陽宮恒憲王の第6王子。母は恒憲王妃敏子。皇籍離脱前の名は健憲王(たけのりおう)。

健憲王
身位 皇籍離脱
敬称 殿下→皇籍離脱
His Imperial Highness
出生 (1942-08-05) 1942年8月5日
東京市麹町区
賀陽宮邸
死去 (2017-07-20) 2017年7月20日(74歳没)
東京都杉並区
父親 賀陽宮恒憲王
母親 九条敏子
テンプレートを表示

1942年昭和17年)8月5日誕生。

1947年昭和22年)10月14日、11宮家の皇籍離脱が行われた際、王も皇籍を離脱、賀陽健憲となる[1]

学習院大学卒業後、日本交通公社に勤務した。

2017年(平成29年)7月20日、東京都杉並区で逝去。

血縁編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 『官報』第6226号 昭和22年10月14日 宮内府告示第16号

関連項目編集