メインメニューを開く

賀陽 美智子(かや みちこ、1923年大正12年)7月29日 - 2009年平成21年4月21日)は、日本の旧皇族賀陽宮恒憲王第一王女。母は恒憲王妃敏子九条道実公爵令嬢)旧名美智子女王

美智子女王
続柄 賀陽宮恒憲王第一王女
身位 女王臣籍降下
敬称 殿下 → 臣籍降下
出生 (1923-07-29) 1923年7月29日
日本の旗 日本東京府東京市麹町区
(現:東京都千代田区三番町)賀陽宮邸
死去 (2009-04-21) 2009年4月21日(85歳没)
日本の旗 日本東京都新宿区
父親 賀陽宮恒憲王
母親 恒憲王妃敏子
テンプレートを表示

目次

略歴編集

1923年(大正12年)7月29日誕生。8月4日、美智子と命名される[1]

1943年昭和18年)12月9日平安神宮宮司貴族院議員の徳大寺実厚公爵の次男徳大寺斉定との結婚が勅許。同27日勲二等に叙せられ宝冠章を授けられる。29日に斉定と結婚するが、1945年(昭和20年)9月離婚した。二人の間に子供は生まれなかった。その後斉定は1946年3月に戦病死した。

1958年(昭和33年)より財団法人国際教育情報センター理事、のち理事長(2006年センターは破産)。1986年(昭和61年)より株式会社菊医会名誉会長。2008年現在、京都筆頭門跡尼院大聖寺伝来の煎茶道「永皎流」副総裁を勤めていた。2009年(平成21年)4月21日東京新宿区で逝去。

栄典編集

逸話編集

血縁編集

脚注編集

  1. ^ 大正12年8月6日付け官報本紙第3305号掲載の宮内省告示第30号に「七月二十九日誕生セラレタル恒憲王殿下ノ王女子名ヲ美智子ト命セラル」(美智にミチのルビ)とある。
  2. ^ 『官報』第5088号、「叙任及辞令」1943年12月28日。