メインメニューを開く

傭兵の募集、使用、資金供与及び訓練を禁止する条約

傭兵の募集、使用、資金供与及び訓練を禁止する条約 (International Convention against the Recruitment, Use, Financing and Training of Mercenaries) とは1989年12月4日に国際連合総会で採択された国際条約である。2001年9月にコスタリカが26番目の批准国になって発効された。条約締約国は32か国にとどまっており、アメリカロシアといった大国は批准していない。

目次

条約内容の要約編集

傭兵を募集、使用、財政支援、訓練すること及び戦闘に参加する傭兵は処罰される。締約国が、これらの行為を禁止し、防止及び処罰のための措置をとること、また、これらの行為が行われている場合に、締約国が国際連合事務総長へ通報すべきことを定める。

外人部隊は正式に軍人として扱われるため傭兵には該当せず、主権国家が雇用する民間軍事会社は規制対象に含まれない事になっている。

署名および批准国編集

2016年12月現在、この条約は35カ国によって推進されている。条約に署名および批准した国は以下となる。[1][2]

国名 署名日 批准日 Notes
  イタリア 1990年2月5日 1995年8月21日
  セーシェル 1990年3月12日
  ザイール 1990年3月20日 ザイールとして署名された。のちのコンゴ民主共和国
  ナイジェリア 1990年4月4日
  モルディブ 1990年7月17日 1991年9月11日
  コンゴ人民共和国 1990年7月20日 コンゴ人民共和国として署名された。のちのコンゴ共和国
  ウクライナ 1990年9月21日 1993年9月13日 ウクライナ・ソビエト社会主義共和国として署名。
  モロッコ 1990年10月5日
  スリナム 1990年2月27日 1990年8月10日
  ウルグアイ 1990年11月20日 1999年7月14日
  ドイツ 1990年12月12日
  バルバドス 1990年12月13日 1992年7月10日
  ベラルーシ 1990年12月13日 1997年5月28日 白ロシア・ソビエト社会主義共和国として署名。
  ルーマニア 1990年12月17日
  カメルーン 1990年12月21日 1996年1月1日
  ポーランド 1990年12月28日
  トーゴ 1991年2月25日
  アンゴラ 1990年12月28日
  キプロス 1993年7月8日
  ジョージア 1995年6月8日
  トルクメニスタン 1996年9月18日
  アゼルバイジャン 1997年4月12日
  サウジアラビア 1997年4月14日 同日に署名
  ウズベキスタン 1998年1月19日
  モーリタニア 1998年2月9日
  カタール 1999年3月26日
  セネガル 1999年7月9日
  クロアチア 2000年3月27日
  リビア 2000年9月22日
  セルビア 2001年3月12日 2016年1月14日 ユーゴスラビア連邦共和国として署名
  コスタリカ 2001年9月20日
  マリ共和国 2002年4月12日
  ベルギー 2002年5月5日 同日に署名
  ギニア 2003年6月18日
  ニュージーランド 2004年9月22日
  リベリア 2005年9月16日
  モルドバ 2006年2月28日 同日に署名
  モンテネグロ 2006年10月23日
  ペルー 2007年3月23日
  キューバ 2007年9月2日
  カナダ 2008年1月1日
  シリア 2008年1月19日 同日に署名
  ベネズエラ 2013年11月12日
  エクアドル 2016年12月12日


出典編集

脚注編集