メインメニューを開く

僕といっしょ』(ぼくといっしょ)は、古谷実漫画作品。1997年から1998年にかけて『週刊ヤングマガジン』誌上にて連載。

概要編集

家出をした中学生小学生兄弟の、東京での居候生活を描く。彼らの周囲を様々な境遇にある同年代の少年少女が取り巻き、「人生って何?」という問いに面白おかしく、時には情緒を込めて、のらりくらりと答えようとする。位置づけ的にはギャグ漫画であるが、家庭崩壊家出同性愛者、学歴、売春自殺などのキーワードがギャグの中で、何気なく登場しては消えていく。

作品中に、前作『行け!稲中卓球部』のサンチェ、井沢、田中がゲスト登場している。 さらに本作の登場人物であるイトキンは次回作の『グリーンヒル』に妻帯者として登場する伊藤茂と恐らく同一人物である。

主な登場人物編集

先坂すぐ夫(さきさか すぐお)
14歳。母が死亡したことをきっかけに、母の再婚相手である義父に見切りを付け、弟・いく夫とともに家出する。あてもなく(所持金20円で、いく夫は1070円)東京に出てきてしまうが、そこで同い年の孤児「イトキン」に出会い、彼らは共同生活を始める。奇天烈なキャラクターで、「グローブに手を入れることなく(全く守備をやらずに)プロ野球選手になる」ことを夢見ている。希望枠は「DH(指名打者)」。打撃の才能だけは多少だがある(プロが認めている)。商店街の草野球の試合に代打で登板していつも甲子園にでているU高校の二年のピッチャーのエース宮下太郎からマグレながらもホームランを打った。小学生時代のトラウマによって軽い女性不信、いく夫に「女は魔物だ」と進言する。自称三つめの目イタイタイ病(先端恐怖症)。女子プロレスラーに勝つほどの喧嘩の強さをもつ。敵を気絶させるツボを心得ている。一応イトキンに比べれば真面目な性格。
先坂いく夫(さきさか いくお)
9歳。すぐ夫の弟。兄とは違い、良識的な常識人。兄は「父親代わりとなり全力でお前を守る!」と折に触れ宣言するが、言動が無茶苦茶なのでいく夫はあまり信用していない。とは言え、実際には兄のことが大好きである。純粋な小学生。同じクラスの保田みかこと恋人同士に一時期なるがすぐ夫の言った「女は魔物」という言葉が現実となってしまって破局して喧嘩中だったすぐ夫に泣いて謝った。
伊藤茂(いとう しげる)
「たぶん」14歳。通称「イトキン」。捨て子であり、児童養護施設で育てられた孤児。施設を脱走し、窃盗などを働いてたくましく生きている。東京に出てきた先坂兄弟から金を騙し取ろうとしたことをきっかけに、彼らと共同生活をするようになる。髪型はラーメンマンのような辮髪シンナー中毒で喫煙もする。辮髪を高速で回転させれば飛べると思っている。タトゥーを身体に彫っている、先輩に寝ているうちに彫られたといっている。まったくのカナヅチで目の前で溺れた子供さえ助けようとしない。なお、ET-KINGいときんの名前の由来になった人物でもある。
吉田あや子(よしだ あやこ)
高校生。通学途中の電車内から、橋の下の「ヤングホームレス」たちを偶然発見する。その逞しい(?)生き様を見て、折から悩んでいた「人生って何?」という問いに対する答えが見つかるかもしれないという期待を抱いて彼らと接触する。その後、先坂兄弟とイトキンは彼女の家に居候するようになる。彼女も母親を亡くしている。すぐ夫に「カピバラに似ている」と評され好みでは無いらしいが結構美少女。美乳。
進藤カズキ(しんどう かずき)
高校生。通称「カズ」。有名進学校に通っていたが、周囲の言いなりになっていた自分に嫌気が差し、家出したところで先坂兄弟とイトキンに出会い、橋の下で暮らし始め「ヤングホームレス」の一員となる。彼だけは吉田家ではなく近所の西沢書店に居候する。非常に美少年で性格も素直な好青年である。童貞だが非処女(アナルセックスの経験が2度ある)。
吉田ケンジ(よしだ けんじ)
あや子の父。床屋を経営する。店を手伝うこと、ゆくゆくは店を継ぐことを条件に、先坂兄弟とイトキンを居候させてくれる。頭はハゲている。
小川ユキ(おがわ ゆき)
あや子の同級生。吉田家の近所のそば屋の娘。女子高生でありながら、男子と対等に渡り合うほど野球が上手く、日本初の女性プロ野球選手を目指している。何故か、すぐ夫に惚れているようだ。兄がおりトレーナーとしてユキを支えているが、実は妹であるユキの身体を狙っていた危ない人物であった。
小川タケル (おがわ たける)
ユキの兄、多分実兄ではない。21歳。実家の手伝い、ユキの野球の練習のサポートなどが重なって勉強の時間ができず現在3浪中。ユキを溺愛しており、溺愛しすぎてついにはユキの身体を狙おうとしている危ない人物。ユキのいたる所に影で出没していて半ストーカーになりつつある。でも吉田あや子の入浴を覗いたり、少しは妹離れをしたいらしい。
永松
吉田あや子の親友。顔が少しブサイクなのが特徴。
園田あきひと(そのだ あきひと)
吉田家の隣の小学生。少し心を病んでおり、感情が表に出せず、顔の描かれていないぬいぐるみを肌身離さず持ち歩いている。あや子と毎日風呂に一緒に入ってはあや子に甘えている。いく夫は同じ小学校に通うことになる。
塚本コウジ (つかもと こうじ)
吉田家の近所の浪人生。現在8浪目のため通称は「八浪(はちろう)」。そのせいもあってか、かなり奇妙な「ギリギリ」の言動が目立ち、口癖は「人生ってなんだ!?」顔はブサイクだがなぜかどことなく金城武に似ている。
西沢清(にしざわ きよし)
ニューハーフ。いつもギターを持ち歩いている。本人曰くギターを持っているのにギターが弾けない。すぐ夫、イトキン、カズたちがホームレスに衣服や荷物を奪われて丸裸にされた時、三人に衣服を与えてくれた(すぐ夫には自分の衣服とテンガロンハットをあげた)。かなりの面食いでカズを即食った。容姿が吉田あや子に似ている。
OL (名前不詳)
すぐ夫とイトキンが吉田家から家を出た際、横浜でイトキンが偶然見つけた自殺をしようとしていた女性。8年間付き合っていた彼氏に捨てられ、それと同じ時期にペットの死がきっかけでビルから飛び降り自殺をしようとした矢先、すぐ夫とイトキンに理不尽な説得?をされて、自殺をやめた。ファミレスですぐ夫達と口論し、帰り際にすぐ夫達に2万円を与えた。
保田みかこ(ほだ みかこ)
いく夫のクラスメイト。かわいい少女でのちにいく夫のことが好きになる。いく夫と恋人同士になるが、カズを見て一瞬でカズの事を好きになってしまい、すぐ夫がいった通り「女は魔物」と化す。
みかこの母親
保田みかこの母親。ショートカットで美人。彼女もまたカズを見て、みかこと一緒に魔物と化す。
宮下太郎(みやした たろう)
西口商店街の床屋の長男。甲子園で常連のU高校のピッチャーのエース。来年の盆踊りの場所決めの為に嫌々吉田一家住む地域の商店街「オレンロン横丁」と草野球の試合に出る。腕前はエースだけであって凄い。だがユキはスリーベースヒット、すぐ夫にはホームランを打たれる。あや子に興味を抱いているが、あや子は完全シカト。
先坂兄弟の義父
先坂兄弟の母の再婚相手だが、義理の息子である兄弟に対しての愛情は皆無。非常に粗野で暴力的な人物。すぐ夫とイトキンといく夫で実家を追い出そうとするが失敗に終わる。ちなみに空手の黒帯持ち。
村田マリコ(むらた まりこ)
イトキンが川で釣りをしていた時、偶然シンナーの匂いにつれられて、そこへ行った場所にいた少女。外見は幼く見えるが吉田あや子と同い年の16歳。ひょんなことからイトキンと彼女の家で同居することになる。高校は中退して、食っていくため仕事は5人と援助交際(そのうち二人はノーギャラ)をして生活している。極度の束縛者で休みの日にはつねにイトキンとくっついている。「自由」と言う名の翼をもがれ、とうとうイトキンにも限界がきた結果、吉田家に帰りたいと口論したのちにイトキンの尻に包丁を刺した。そのあとも毎日イトキンが暮らしてる吉田家に張り込み、無言電話などストーキングするが、八浪の優しさで八浪について行き、イトキンへのストーカー行為は終わった(のちに八浪にも尻に包丁をさしている)。

書籍情報編集