金城武

台湾生まれの日本の俳優

金城 武(かねしろ たけし、1973年10月11日 - )は、台湾台北生まれの俳優。かつては歌手としても活動していた。日本人父親台湾人母親との間に生まれ[1][6][7]沖縄県出身の祖父を持つ[8]日本国籍[1][2][3]身長180cm、体重72㎏[4][5]。姪(同母異父兄の娘)はモデルのU(曾宇璦中国語版[9]。独身。

かねしろ たけし
金城 武
金城 武
本名 金城 武
生年月日 (1973-10-11) 1973年10月11日(48歳)
出生地 中華民国の旗 台湾台北市
国籍 日本の旗 日本[1][2][3]
身長 180cm[4][5]
血液型 O型
職業 俳優歌手
ジャンル 映画
活動期間 1989年 -
活動内容 1992年:歌手デビュー
1992年:俳優デビュー
著名な家族 姪:U(曾宇璦中国語版
公式サイト http://www.fulong.jp/c1_0000.html
http://www.fulongstars.com/takeshi/index.htm
主な作品
テレビドラマ
神様、もう少しだけ
二千年の恋
映画
恋する惑星
LOVERS
ウィンター・ソング
ウォーロード/男たちの誓い
レッドクリフ
テンプレートを表示
金城武
各種表記
繁体字 金城武
簡体字 金城武
拼音 Jīnchéng Wŭ
和名表記: かねしろ たけし
発音転記: ジンチェン ウー
英語名 Takeshi Kaneshiro
閩南語白話字 Kim-siâⁿ Bú
テンプレートを表示

概要編集

誕生日が11日であることから、十と一を合わせて「士」(士=武士通称。また、別称であるを指す場合もあり、この場合には士(さむらい)と呼ばせる)で、父親が勇敢武士になるよう望み、両方を合わせると武士となるため、「武」と名付けた[10][11]台北市内の、日本人などの外国人の多く住む高級住宅街天母で育った。中学までは台北日本人学校に通い、高校からは台北アメリカンスクール中国語版に通う[6]。高校時代にスカウトされCMに出演し芸能界デビュー[6][7]。卒業後は歌手としてスタートした。台湾でのアイドル時代は、ジミー・リンアレック・スーニッキー・ウーと並んで台湾四小天王と呼ばれていた。日本語北京語広東語台湾語英語が堪能で[7]、主に日本・中国・香港・台湾の東アジア地域で、映画・ドラマ・CM出演など幅広く活躍している。

来歴編集

高校時代にスカウトされ、清涼飲料水のCMに出演し芸能界デビュー。映画への初出演は、チン・シウトン監督の『ワンダー・ガールズ 東方三侠2』で、新興宗教の教祖役で出番から15分足らずで生首になるという役だった。

香港に仕事で訪れた際、ホテルのロビーで偶然に居合わせた映画監督ウォン・カーウァイに見初められ、香港映画『恋する惑星』(1994年)に出演。その後も同監督作品をはじめ香港映画への出演で頭角を表し、国際的に活躍する俳優となる。1990年代後半からは、日本のドラマやCMにも出演し、顔を知られるようになる。日本の芸能界デビューは『聖夜の奇跡』(1995年)で、台湾からの留学生役として出演した[6]。『神様、もう少しだけ』(1998年)が大ヒットしたことにより、日本で爆発的な知名度を得ることになった[7]。日本では、アミューズに所属していた[12]。現在は、香港・中国・台湾・日本など各地で放映される映画やテレビ番組、CMで、それぞれの国の言語を操って出演する姿を見ることが出来る。

活躍の場はアジア地域に留まらず、1998年にアジア人として初めてプラダのワールドキャラクターになった。これはミウッチャ・プラダMiuccia Prada)が、『天使の涙』での金城を見て気に入ったためとのことである。2004年に出演したチャン・イーモウ監督作品『LOVERS』は、アメリカゴールデングローブ賞・外国語映画賞にノミネートされた。

2008年6月20日、サッカー選手のカカデビッド・ベッカムに続いて、アジア人としては初のエンポリオ・アルマーニの広告塔に起用された。同ブランドは起用理由について、「彼はアジアの著名スターとしてアジアだけでなく欧米でも名が通っており人気がある。軽やかな印象は非常に近代的で洗練されていると同時に、天性の魅力を持っている。彼の人柄と美貌は完璧にエンポリオ・アルマーニに調和するため、彼はエンポリオ・アルマーニコレクションには最高の男であり、また理想的な広告塔だ」とコメントし、金城を絶賛している。契約料は約1億1000万円と言われており、中華圏市場に注力している同ブランドでは、中国だけで2008年中に13店舗の出店を計画している[13][14][15]

2008年10月30日、台湾のアカデミー賞といわれる第45回金馬奨で優れた台湾映画人におくられる「年度台湾傑出電影工作者」部門にノミネートされたが、エントリーの手続き中に失格となり7時間後に受賞資格を剥奪された。日本人の父と台湾人の母の間に生まれたが、日本国籍を持っていることが理由になった[16][17]。これにより、『海角七号 君想う、国境の南』の監督魏徳聖と、照明デザイナーの李龍禹が同賞の候補として残り、魏徳聖が受賞した。

2018年6月25日、アカデミー賞を主催する映画芸術科学アカデミーは金城ら928人を新たな会員候補として選定、本人が受諾すれば、アカデミー賞に投票権を持つことになる[18]

人物編集

出演作品編集

映画編集

太字は主演を示す。

製作年 邦題
原題・華題
制作地 役名 備考
1993 ワンダー・ガールズ 東方三侠2
現代豪侠傳
  イギリス領香港 ホン 日本では劇場未公開
1994 恋する惑星
重慶森林
  イギリス領香港 警官223
金城武 ソルジャー・ボーイズ
報告班長3
  台湾 鉄頭 日本では劇場未公開
人魚伝説
第六感奇縁
  イギリス領香港 ケンジ 日本では劇場未公開
1995 金城武の香港犯罪ファイル
沈黙的姑娘
  イギリス領香港 クー 日本では劇場未公開
金城武 スクール・デイズ
學校覇王
  イギリス領香港 主題歌担当、日本では劇場未公開
チャイナ・ドラゴン
中國龍
  イギリス領香港 日本では劇場未公開
危険な天使たち
新紮師兄追女仔
  イギリス領香港 ガーリック
天使の涙
堕落天使
  イギリス領香港 モウ
死角都市・香港
冇面俾
  イギリス領香港
  台湾
タン
トラブルメーカー
蝋筆小小生
  イギリス領香港 日本では劇場未公開
1996 フォーエバー・フレンズ 戦場への挑戦
四個不平凡的少年
  台湾 日本では劇場未公開
金城武のピックアップアーティスト
重慶愛情感覺
  イギリス領香港 ダーリ 日本では劇場未公開
冒険王
冒険王
  イギリス領香港 パオ
世界の涯てに
天涯海角
  イギリス領香港 チュン
1997 パラダイス!
両個只能活一個
  イギリス領香港 モー
初戀
初纒戀后的2人世界
  イギリス領香港 ラム
ダウンタウン・シャドー
神偸謀影
  イギリス領香港 ジャッカル
暗黒街/若き英雄伝説
馬永貞
  イギリス領香港 ウィンジン
炎の大捜査線2
火燒島之横行覇道
  香港
  台湾
ヤン
MISTY
MISTY 迷霧
  日本 武弘
1998 不夜城 SLEEPLESS TOWN   日本 劉健一
アンナ・マデリーナ
安娜瑪徳蓮娜
  日本
  香港
ガーフ
ニューヨーク デイドリーム
To Tired To Die
我的愛人、你的死神
  アメリカ合衆国 ケンジ
君のいた永遠(とき)
心動
  香港 ホウクァン
1999 ターザン
Tarzan
  アメリカ合衆国 ターザン 声の出演(日本版、香港版、台湾版)
2000 ラベンダー
薫衣草
  香港 エンジェル
スペーストラベラーズ
極盜狂熱份子
  日本 西山保
2002 リターナー
武者回歸
  日本 ミヤモト
ターンレフト・ターンライト
向左走、向右走
  香港
  シンガポール
ジョン・リュウ
2004 LOVERS
十面埋伏
  中国
  香港
ジン
2005 ウィンター・ソング
如果・愛
  香港 リン・ジェントン
2006 傷だらけの男たち
傷城
  香港 ヤウ・キンボン
2007 Sweet Rain 死神の精度   日本 死神・千葉
2008 ウォーロード/男たちの誓い
投名状
  中国
  香港
チャン・ウーヤン
レッドクリフ Part I
赤壁
  中国
  香港
  日本
諸葛孔明
K-20 怪人二十面相・伝   日本 遠藤平吉
2009 レッドクリフ Part II -未来への最終決戦-
赤壁:決戰天下
  中国
  香港
  日本
諸葛孔明
2011 捜査官X
武侠
  香港
  中国
シュウ・バイジュウ
2014 The Crossing ザ・クロッシング Part I
太平輪
  香港
  中国
厳沢坤(イェン・ザークン)
2015 The Crossing ザ・クロッシング Part II
太平輪 彼岸
  香港
  中国
厳沢坤(イェン・ザークン)
2016 擺渡人   中国 管春 日本未公開
2017 恋するシェフの最強レシピ
喜欢・你
  香港
  中国
ルー・ジン 映画祭での上映タイトルは
「こんなはずじゃなかった!」

テレビドラマ編集

CM編集

テレビゲーム編集

音楽作品編集

アルバム編集

  • 「分手的夜裡」 (1992年)
  • 「只要你和我」 (1993年)
  • 「温柔超人」 (1993年)
  • 「可依靠的好朋友」 (1994年)
  • 「失約」 (1994年)
  • 「標準情人」 (1994年)
  • 「給我心愛的人」 (1995年)
  • 「偸偸的醉」 (1995年)
  • 「多苦都願意」 (1996年)
  • 「精選集 MEMORIES」 (1996年)
  • 「金城武の精選歌集」 (1998年)

写真集編集

受賞歴編集

脚注編集

  1. ^ a b c d e f g h “アジアの大スター金城武は、不動産投資でセミリタイア状態!?”. アサヒ芸能. (2021年6月23日). オリジナルの2021年6月23日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210623091325/https://asagei.biz/excerpt/30207 
  2. ^ a b “Kaneshiro knocked from Horse”. ハリウッド・リポーター. (2008年10月31日). オリジナルの2021年7月25日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210725103922if_/https://www.hollywoodreporter.com/business/business-news/kaneshiro-knocked-horse-122126/ 
  3. ^ a b 吳素柔 (2008年10月31日). “非台灣電影工作者 金馬獎撤銷提名金城武”. 中央通訊社. オリジナルの2011年7月21日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110721213440/http://n.yam.com/cna/entertain/200810/20081031999824.html 
  4. ^ a b “フーロン・ジャパン 金城武”. フーロン・ジャパン. オリジナルの2020年11月24日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20201124102554/http://www.fulong.jp/c1_0000.html 
  5. ^ a b “福隆製作有限公司 金城武”. 福隆製作有限公司. オリジナルの2021年8月10日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210810072928/http://www.fulongstars.com/takeshi/index.htm 
  6. ^ a b c d “金城武、久々のCM出演に「ドラマや映画にも出てほしい」と期待する声が続々”. アサジョ. (2021年5月6日). オリジナルの2021年8月5日時点におけるアーカイブ。. https://archive.is/zw7jn 
  7. ^ a b c d e f “金城武は今どこに? 台湾でいまだ支持を集める29年間ノースキャンダル俳優の歴史”. サイゾーウーマン. (2020年4月25日). オリジナルの2020年5月24日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20200524192500/https://www.cyzowoman.com/2020/04/post_281403_1.html 
  8. ^ 金曜深夜便 (2008年4月10日). “Kaneshiro - Misty - Interview”. 2010年2月23日閲覧。
  9. ^ “金城武の姪・U、レギュラー番組決定 日本での芸能活動本格化”. ORICON STYLE. (2016年6月2日). http://www.oricon.co.jp/news/2072749/full/ 2016年6月3日閲覧。 
  10. ^ “男神老爸長怎樣?金城武父親照片曝光 網:撞臉一代諧星”. 三立新聞台. (2021年8月7日). オリジナルの2021年8月7日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210807075046/https://www.setn.com/News.aspx?NewsID=978928 
  11. ^ “外星来的金城武:神秘面纱下的“沉默之美””. Mtime中国語版. (2011年7月15日). オリジナルの2014年3月6日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140306090922/http://news.mtime.com/2011/07/04/1463934-2.html 
  12. ^ allnightnippon オールナイトニッポンサタデースペシャル 福山雅治の魂のラジオ”. www.allnightnippon.com. 2021年8月5日閲覧。
  13. ^ “Emporio Armani's New Man”. ヴォーグ. (2008年7月9日). オリジナルの2011年5月15日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110515043925/https://www.vogue.co.uk/news/daily/080709-emporio-armanis-new-face.aspx 
  14. ^ “Takeshi Kaneshiro, New Armani Guy”. 星洲日報英語版. (2008年7月22日). オリジナルの2008年12月21日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20081221141456/http://www.mysinchew.com/node/13662?tid=20 
  15. ^ “金城武、破格ギャラでE・アルマーニのイメキャラに抜擢―中国”. Record China. (2008年6月20日). オリジナルの2008年9月15日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20080915042151/http://www.recordchina.co.jp/group/g20644.html 
  16. ^ “金城武身份遭质疑 入围金马七小时遭除名(图)”. 粉丝网. (2008年10月31日). オリジナルの2009年8月4日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20090804171314/http://news.ifensi.com/movie/2008-10-31/article-168709.html 
  17. ^ “2008金馬獎頒獎典禮-入圍名單完整版”. 聯合新聞網中国語版. (2008年10月31日). オリジナルの2008年11月2日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20081102044418/http://stars.udn.com/star/StarsContent/Content19094/ 
  18. ^ “アカデミー賞会員候補、「君の名は。」新海誠監督ら選出”. 朝日新聞. (2018年6月26日). オリジナルの2018年7月13日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20180712165327/https://www.asahi.com/articles/ASL6V54NCL6VUHBI01H.html 
  19. ^ 『香港明星通信 香港映画スター完全カタログ』アスキー、1997年11月、12頁。ISBN 978-4893667687
  20. ^ a b c d e f g “Making the Great Leap”. ニューズウィーク. (2005年12月25日). オリジナルの2018年8月12日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20180812181808/https://www.newsweek.com/making-great-leap-114187 
  21. ^ “「金城武は志村けんが好き!?」大槻ケンヂと谷垣健治が「捜査官X」超マニアック裏話を披露”. クランクイン‼︎. (2012年7月20日). オリジナルの2021年8月14日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210814165809/https://www.crank-in.net/news/16105/1 
  22. ^ 蔡亦竹 (2020年4月3日). “台湾人だけが知る、志村けんが台湾に愛された深い理由”. ニューズウィーク. オリジナルの2020年4月10日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20200410162057/https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2020/04/post-92988_2.php 
  23. ^ a b “インリン、しつこく口説いてきた「芸人W」とは?”. AbemaTV. (2018年4月17日). https://times.abema.tv/articles/-/4037276 
  24. ^ 石津文子 (2014年5月30日). “金城武や長澤まさみたちがカンヌに集まった真の目的とは?”. CREA. オリジナルの2021年8月14日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210814171654/https://crea.bunshun.jp/articles/-/5413?page=2 
  25. ^ a b SONIA KOLESNIKOV-JESSOP (2007年12月15日). “Redefining The Epic”. ニューズウィーク. オリジナルの2013年12月21日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20131221180113/https://www.newsweek.com/redefining-epic-94405 
  26. ^ “ジョリン・ツァイが熱烈ラブコール?金城武と「一緒にディナーしたい」―台湾”. Record China. (2009年4月8日). オリジナルの2021年6月16日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210616070116/https://www.recordchina.co.jp/b30274-s0-c70-d0000.html 
  27. ^ “ボーカル金城武に首ったけ?ジョリン・ツァイ、元恋人ジェイのライブ日程は「知らない」―台北市”. Record China. (2007年10月3日). オリジナルの2021年6月16日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210616070143/https://www.recordchina.co.jp/b11727-s0-c70-d0000.html 
  28. ^ “大排場慶生請來金城武? 秦嵐嬌羞捧臉:今天開心X6”. 中国時報. (2021年7月18日). オリジナルの2021年7月18日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210718055325/https://www.chinatimes.com/realtimenews/20210718001768-260404?chdtv 
  29. ^ ““香港版リン・チーリン”のキャリー・ラムが女優デビュー、共演目標は「金城武」―香港”. Record China. (2012年2月17日). オリジナルの2021年8月16日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210816172702/https://www.recordchina.co.jp/b58839-s0-c70-d0000.html 
  30. ^ “金城武カッコよすぎ!リン・チーリンが完全ノックアウトを表明―台湾”. Record China. (2008年7月12日). オリジナルの2021年8月17日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210817093015/https://www.recordchina.co.jp/b21415-s0-c70-d0000.html 
  31. ^ “リン・チーリンにおじさんファンもぞっこん!金城武と10年ぶりの共演も―中国”. Record China. (2017年5月8日). オリジナルの2021年8月17日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210817090438/https://www.recordchina.co.jp/b177395-s0-c70-d0044.html 
  32. ^ a b “「金城武の女性ファンに恨まれる!」女優チョウ・ドンユィが恐怖語る、最新作は4月公開―中国”. Record China. (2017年3月16日). オリジナルの2020年9月23日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20200923063221/https://www.recordchina.co.jp/b172408-s0-c70-d0044.html 
  33. ^ 西田佐保子 (2019年10月19日). “「私の人生最高の瞬間を捉えている」 民族と宗教を超えた男女の初恋を描いたマレーシア映画「細い目」主演、シャリファ・アマニさんインタビュー”. 毎日新聞. オリジナルの2020年3月23日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20200323214842/https://mainichi.jp/articles/20191019/mog/00m/040/008000c 
  34. ^ “「バレンタインデーはあの人と…」アンケート、金城武とリン・チーリンが第1位!―台湾”. Record China. (2008年2月14日). オリジナルの2021年8月16日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210816174058/https://www.recordchina.co.jp/b15620-s0-c70-d0000.html 
  35. ^ “未婚男女が望む「理想の恋人」は?トップに金城武とグイ・ルンメイ―台湾”. Record China. (2009年9月1日). オリジナルの2021年8月16日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210816183822/https://www.recordchina.co.jp/b34868-s0-c70-d0000.html 
  36. ^ “金城武とソニア・スイが第1位、バレンタイン限定「理想の恋人」アンケート―台湾”. Record China. (2014年2月14日). オリジナルの2021年8月16日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210816175621/https://www.recordchina.co.jp/b83357-s0-c70-d0044.html 
  37. ^ a b 饒波貴子 (2014年8月27日). “【華流】金城武が危険な撮影? 11億円の保険をかけ崖でCM出演”. サーチナ. オリジナルの2021年8月14日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210814174516/http://news.searchina.net/id/1541773?page=1 
  38. ^ 饒波貴子 (2014年8月22日). “【華流】金城武もチーリンもびしょ濡れ!広がるアイスバケツチャレンジ”. サーチナ. オリジナルの2021年8月14日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210814175551/http://news.searchina.net/id/1541296?page=1 
  39. ^ “「百度」、中国人が今年最も多く検索した「日本」に関するキーワードを発表!気になるドラマ、芸能人のランキング結果は?”. Record China. (2014年12月25日). オリジナルの2021年8月16日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210816182336/https://www.recordchina.co.jp/b99616-s0-c30-d0035.html 
  40. ^ “中国版ツイッターを開設してほしい人は誰?日本人にも人気集まる―中国ネット”. Record China. (2017年12月1日). オリジナルの2020年10月20日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20201020051609/https://www.recordchina.co.jp/b223713-s0-c60-d0046.html 
  41. ^ “日媒调查:世界上最有名的日本人TOP50!你知道几个?”. 捜狐. (2018年8月24日). オリジナルの2021年8月14日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210814193920/https://www.sohu.com/a/249796512_100016531 
  42. ^ a b “金城武は今どこに? 台湾でいまだ支持を集める29年間ノースキャンダル俳優の歴史”. サイゾーウーマン. (2020年4月25日). オリジナルの2021年1月23日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210123140947/https://www.cyzowoman.com/2020/04/post_281403_2.html 
  43. ^ “35歳以上、スキャンダル少ない独身イケメンの代表は?金城武やルイス・クーら―台湾”. Record China. (2017年7月5日). オリジナルの2020年10月23日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20201023114154/https://www.recordchina.co.jp/b183459-s0-c70-d0044.html 
  44. ^ “「金城武が日本人女性と結婚」に大きな衝撃、マネージャーがコメント―台湾”. Record China. (2010年1月1日). オリジナルの2020年10月31日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20201031102901/https://www.recordchina.co.jp/b38503-s0-c70-d0000.html 
  45. ^ a b “金城武が激白!「イメージ守るためオタクになった」人気スターのつらい胸の内―台湾”. Record China. (2017年4月15日). オリジナルの2021年8月16日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210816113835/https://www.recordchina.co.jp/b175342-s0-c70-d0044.html 
  46. ^ “今どこで何してる?金城武が43歳の誕生日、3年ぶり出演作はラブロマンス―台湾メディア”. Record China. (2016年10月12日). オリジナルの2021年8月16日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210816173040/https://www.recordchina.co.jp/b152465-s0-c70-d0044.html 
  47. ^ a b “金城武が「神秘的」「ゲーム好き」の噂について語る、最新作「THE CROSSING」は来月公開―上海市”. Record China. (2014年11月26日). オリジナルの2021年8月16日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210816111941/https://www.recordchina.co.jp/b98056-s0-c70-d0044.html 
  48. ^ a b “金城武「独身」と自ら宣言、映画「THE CROSSING」が初日から絶好調―台湾”. Record China. (2014年12月5日). オリジナルの2020年6月15日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20200615060457/https://www.recordchina.co.jp/b98494-s0-c70-d0044.html 
  49. ^ “『リネージュ2M』俳優「金城武」氏を起用したTVCM3種&メイキング映像が公開!「TVCM放映記念キャンペーン」が決定!”. PR TIMES. (2021年4月7日). https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000001733.000001868.html 2021年4月7日閲覧。 
  50. ^ 『鬼武者』の豪華キャストが判明! 左馬介は金城武さん、信長は立木文彦さん、かえでは小松未可子さんが担当【先出し週刊ファミ通】”. ファミ通.com. 2018年10月2日閲覧。

関連項目編集

  • 金城武の樹(台湾台東県にある金城が出演したエバー航空CMのロケ地となった木)
  • 宮本充(出演映画で日本語版の吹き替えを担当)
  • 東地宏樹(同上)

外部リンク編集