光延 一郎(みつのぶ いちろう、1956年[1] - )は、日本神学者カトリック教会イエズス会[2]神父司祭)。上智大学神学部神学科教授。

来歴編集

1979年上智大学文学部哲学科卒業[1]横浜高校での3年間にわたる教員(社会科)生活を経て[1]、上智大学大学院哲学研究科を1985年修了[1]。同年イエズス会に入会を果たす[2]

1990年上智大学神学部神学科を卒業後、同大学院神学研究科(神学専攻)を1993年に修了[1]。この間六甲学院にて1990年より1年間教員を務めた[1]1992年には司祭に叙階される[2]

2000年ザンクト・ゲオルゲン哲学・神学大学ドイツ連邦共和国)大学院神学研究科博士後期課程を修了[1]2003年より1年間白百合女子大学講師を務めた後、上智大学図書館石神井分館長、同大学神学研究科委員長を歴任[1]2011年より2017年まで上智大学神学部長を務めている[1]

人物編集

著書編集

  • 『神学的人間論入門:神の恵みと人間のまこと』(教友社、2010年)

編著編集

  • 『自由は域を超えて:現代キリスト教と倫理:二〇〇四年上智大学神学部夏期神学講習会講演集』(サンパウロ2006年
  • 『日本の教会と神学:第二ヴァティカン公会議後40年の歩み:二〇〇五年上智大学神学部夏期神学講習会議演集』(サンパウロ、2007年
  • 『キリスト教信仰と現代社会:21世紀への挑戦:2006年上智大学神学部夏期神学講習会講演集』(サンパウロ、2008年
  • 『今、日本でカトリックであることとは?:2007年上智大学神学部夏期神学講習会講演集』(サンパウロ、2009年
  • 『イエス・キリストの『幸福(さいわい)』:キリスト教の原点を見つめて : 2008年上智大学神学部夏期神学講習会講演集』(サンパウロ、2010年

脚注編集

  1. ^ a b c d e f g h i 教授 光延一郎上智大学神学部神学科公式サイト
  2. ^ a b c d e 私はなぜ司祭になったかイエズス会日本管区公式サイト
  3. ^ 神学部神学科教授 光延一郎上智大学公式サイト
  4. ^ 2014年度のノーベル平和賞受賞に向けて推薦したことを公表してくださっている推薦人の皆様「憲法9条にノーベル平和賞を」実行委員会公式サイト

関連項目編集

外部リンク編集