メインメニューを開く

兌端穴(だたんけつ)は、督脈に属す第27番目の経穴である。

目次

部位編集

正中線上で、上唇皮膚粘膜の境目。

名前の由来編集

兌は八卦のひとつで事象では沢、体では口を意味する。唇の先端の意味である。

効能編集

歯肉炎などに用いたことがあるようだが、今は全く利用されていない。

関連項目編集