メインメニューを開く

腰兪穴(ようゆけつ)は、督脈に属す2番目の経穴である。

目次

部位編集

仙骨裂孔中央陥凹部に取穴する。腹臥位で取穴。

名前の由来編集

兪とは輸のことで腰部の脈気が転輸する場所を意味する。兪の字がついているが、兪穴ではない。

効能編集

腰脊強痛、腹瀉、便秘、痔疾、脱肛、血便、てんかん、淋濁、月経不順、下肢萎痺、補腎調経、強健筋骨などに使われる。

筋肉・神経・血管編集

筋肉は浅後仙尾靭帯、知覚神経は仙骨神経後枝、動脈は下殿動脈が通る

参考文献編集

関連項目編集

外部リンク編集