メインメニューを開く

入内島 道隆(いりうちじま みちたか、1963年2月6日 - )は、日本政治家群馬県議会議員(吾妻郡選挙区、1期)。群馬県吾妻郡中之条町の元町長(2期)。中之条町内の国民保養温泉地である四万温泉の温泉旅館「湯元 四萬舘」の経営者。NPO法人ぐんまCSO理事長[1]

入内島 道隆
いりうちじま みちたか
生年月日 (1963-02-06) 1963年2月6日(56歳)
出生地 群馬県吾妻郡中之条町四万
出身校 東北大学経済学部
前職 中之条町長
現職 群馬県議会議員

選挙区 吾妻郡
当選回数 1回
在任期間 2019年 - 現職

Flag of Nakanojo Gunma.JPG中之条町長
当選回数 2
在任期間 2004年1月 - 2012年1月

Flag of Nakanojo Gunma.JPG中之条町議会議員
当選回数 1
在任期間 1999年4月 - 2003年4月
テンプレートを表示

経歴編集

1963年中之条町生まれ。群馬県立渋川高等学校を経て、東北大学経済学部卒業。1999年4月、中之条町議会議員選挙に立候補し、初当選する。2003年4月、同町の町長選挙への立候補準備のため、町議会議員選挙に出馬せず、議員職を1期で終えた。

中之条町長編集

2004年1月18日に行われた中之条町長選において、3選を目指した小渕光平を激戦の末破り、40歳にして町長となる。当時、群馬県内最年少首長であった。

2008年1月、無投票再選。2012年1月、任期満了。

困難な町政編集

当選直後、助役収入役が辞任する。議会も小渕派が大半でオール野党状態であった。2007年の町議会議員選挙では入内島を支持する町議も新たに当選し、町長派と反町長派が形成された。

現代アートの祭典「中之条ビエンナーレ」、NHK朝の連続テレビ小説ファイト!」(ロケ地に)などをてこに観光面を強化し、役場の応対の向上などに取り組んだ。

町村合併をめぐって編集

吾妻郡東部4町村(吾妻町中之条町高山村東村)で合併に向けた協議が行われていた。この合併は当初吾妻市の誕生が念頭に置かれていたが、入内島はあえて村になることで日本一大きい村として売り出そうと提案。結局、この合併話は流れ、吾妻町と東村のみが2006年から東吾妻町となることになった。

引退編集

2011年、次期町長選に出馬せず、町長退任後は「充電期間」に入り、しばらく政治活動から離れると表明した。後継町長には、入内島町長派と反町長派の双方の町議らからの要請を受けて、折田謙一郎が出馬し当選した(2014年に辞職)。折田は小渕恵三とその娘の衆議院議員小渕優子の私設秘書を務めた人物で、入内島町長派・反町長派とも再び小渕派に回帰することになった。

町長引退後編集

2018年11月に行われた、中之条町長選挙において、現職の伊能正夫への対抗とし出馬した外丸茂樹の参謀を務める。早くから地域での草の根活動などを行ったが、共産党員と旧民主党支持者との内部分裂もあり、外丸は惜敗した。

群馬県議会議員編集

2019年4月7日群馬県議会議員選挙で初当選[2]


テレビ出演編集

  • 2006年1月20日に放送された『開運!なんでも鑑定団』の「出張鑑定in中之条」にトップバッターとして出場。掛け軸を持参する。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ ぐんまCSO”. ぐんまCSO. 2019年2月20日閲覧。
  2. ^ 平成31年4月7日 群馬県議会議員選”. 2019年6月12日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集