メインメニューを開く
本来の表記は「全琮」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。
この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字が含まれています詳細

全 琮(ぜん そう、198年(『建康実録』) - 247年または249年)は、中国三国時代の武将、政治家。揚州呉郡銭唐県(現在の浙江省杭州市)の人。子璜。父は全柔。妻は孫魯班(全公主)。子は全緒・全寄・全懌・全呉。孫は全禕・全儀・全静。『三国志』呉志に伝がある。

全 琮

右大司馬・左軍師・徐州牧・銭唐侯
出生 建安3年(198年
揚州呉郡銭唐
死去 赤烏12年(249年
拼音 Quán Cóng
子璜
主君 孫権
テンプレートを表示

経歴編集

若き日編集

父は霊帝の時代に孝廉に推挙され、尚書郎右丞となったが、董卓の乱で朝廷が乱れると官職を捨て故郷に戻った。故郷の揚州でも別駕従事に推挙され、さらに詔勅により会稽東部都尉に任命された。孫策が挙兵し呉郡に兵を進めると、父は真っ先にその配下となり、孫策の推挙により丹陽都尉に任命された。引き続き孫権にも仕え、孫権が車騎将軍に任命されるとその長史となり、桂陽太守まで昇ったという。

ある時、全琮は父の命令で呉郡に米を運んで売却する任務を負ったが、全琮はその米を民に数千石程施した。父は怒ったが、全琮が士人が苦しむのを見かねたためだと謝ったのを見て、かえって子の非凡さを認識した。戦乱を避けて中原の戦乱から逃れた数百豪族に、全琮は家財を傾けて援助した事から、全琮の名は遠方にも鳴り響いたという[1]

その後、孫権に仕えて奮威校尉に任命され、1000人の兵士を率いて山越討伐に従事し、募兵して兵士1万を得た。牛渚に駐屯する事になり、官位はやがて偏将軍まで昇進した。

210年顧邵陸績と一時呉郡に滞在していた龐統と交際し、その知己を得ている(「龐統伝」)。

頭角を現す編集

219年劉備軍の関羽が北上し、曹操軍の曹仁が守備する樊城を包囲すると(樊城の戦い)、全琮は関羽討伐の計略を上疏した。この時、孫権が既に呂蒙と関羽攻略の計画を立てていたため、事が漏れるのを恐れて上表を無視したが、関羽攻略後、公安において開いた祝宴で、全琮は孫権から「今日の勝利はあなたの手柄でもある」と声をかけられた。陽華亭侯に封じられた。

夷陵の戦い直後に、魏軍が横江を渡河して呉の守備軍を攻撃し、周泰·全琮が臨時に魏軍と戦った、魏呉両軍は多数の死傷者も出ている。

222年、曹丕は曹休に命じて張遼・臧覇・賈逵ら二十六軍余りを指揮監督して洞口に出撃させ、呂範の指揮下で徐盛らと共に防い、多くの軍営が近接して設けられた(洞口の戦い)。魏軍が軽船によって略奪をしかけてくるため、全琮はつねに武装をして、警戒を怠ることがなかった。そうするうちに、魏軍は長江中央の中洲に渡ろうとし、全琮が敵の数千人を撃ち破り、この時、徐盛と共に敵の臧覇を追撃し尹礼の首級を斬る功績を挙げ、数百の敵兵を斬り、魏軍が大敗した。この功績により綏南将軍となり、銭唐侯に封じられた。

銭唐において賊の彭式が略奪を働くと、周魴を銭唐県の相に起用し鎮圧させた(「周魴伝」)。

225年、仮節を与えられ、九江太守に任命された。

226年、丹陽・会稽・呉の三郡の情勢が不穏であったため、その対策のため孫権は10県を分割して東安郡を新設した(「呉主伝」)。全琮はその東安郡の太守に任命された。全琮は賞罰を明確にし、山越に降伏を呼びかけて、1万余人の山越を帰順させた。役所が富春に置かれ(『呉録』)、また太守の任務を解かれて戻る時、故郷の銭唐に立ち寄り、先祖の慰霊の祭りを膨大な財力により盛大に行なったという(『江表伝』)。

228年、孫権は魏の曹休を計略により誘き出し、これを迎撃した。全琮は陸遜の統率の下で3万の兵を率いて軍の右翼を担い(左翼は朱桓)、石亭において曹休を大いに破った(石亭の戦い)。

呉の重臣へ編集

229年衛将軍・左護軍・徐州牧に任命された。さらに孫権の娘であった孫魯班を与えられ、その娘婿になっている。彼女との間に全呉を儲けている。全琮の待遇は、張昭劉基の遺族と同等であったという(「劉繇伝」)。

230年、孫権は衛温諸葛直に命じ、珠崖・夷州に軍を進め住民を連行させようとした(「呉主伝」)。全琮は、異域の土地の風土は毒気を含み、疫病が発生して伝染する恐れがあり、多くの利益を求めることはできないと諌めた。孫権は、この意見をいかなかったので、軍を送って一年経つと、士卒たちの中で疫病のため死ぬ者が九割にも達し、孫権は深くこれを後悔した。


また、孫権が子の孫登に軍を率いさせ出征させようとした事があった。群臣達が誰もこれを諌めようとしなかったが、全琮だけは密かに孫権に諫言した。孫権が即座に孫登に引き返させると、人々は全琮を国家の節義を守った者として称賛したという(『江表伝』)。

233年、歩兵と騎兵5万を率いて六安を討伐した。逃走した六安の住民を捕らえようとする諸将を戒めた。

全琮は朱桓と作戦をめぐって口論となった。全琮が、孫権の命令で作戦に参与していた胡綜に責任を擦り付けたところ、朱桓の怒りは胡綜に向けられ、その乱暴により多くの者が死傷した。朱桓も一時孫権の下に召喚される事件となった(「朱桓伝」)。

239年諸葛瑾歩騭らが中心となり、周瑜の子周胤を復帰させようとする動きがあった。全琮が朱然とともにこれに同調すると孫権の心も動いたが、周胤が死去してしまったため、周氏の復活は果たせなかった。全琮はなおも、周瑜の従兄弟の周峻の子である周護という人物を推挙し、周氏を復活させようとしたが、周護が孫権の意に沿わない人物であったため、これも実現しなかった(「周瑜伝」)。

241年、全琮は大都督に昇進した(「顧雍伝」)。同年、魏の揚州の拠点である寿春に侵攻し、芍陂の堤防を決壊させ、兵糧庫を焼き住民を捕虜にした。この戦いは同時に荊州方面において、朱然らに魏の樊城を包囲させ、諸葛瑾らに柤中を占領させるという大規模な作戦であったが、蜀漢の協力も得られず、全琮らは魏の王淩との会戦の中、中郎将の秦晃を戦死させるなど苦戦し、戦果を挙げる事ができなかった。戦の末に全緒と全端は王凌を反撃して破り、魏軍が敗走した。翌6月に呉軍は撤退した(芍陂の役)。

二宮事件編集

全琮は、孫和孫覇による孫権の後継者争い(二宮事件)において、妻の魯班と次男の全寄が孫覇(魯王)派であった事から、歩騭や呂岱らとともに孫覇の立太子を支持したとされている(「呉主五子伝」が引く『通語』)。

当初は孫和と孫覇との対立を憂慮し、武昌を守備する陸遜に手紙を送って首都の様子を報告していた。しかし、全寄を孫覇の家臣とさせている事を知った陸遜は、全琮に対し「全寄の行動を擁護していては、家に災いをもたらす事になる。まさに、金日磾を真似して子を殺す、である」と批判した。全琮はこれを受け入れなかったため、陸遜と険悪な仲になったという(「陸遜伝」)。この後、自分も孫覇派に付いている。

孫和(太子)派でもある張休顧承(顧邵の子)と、全端(全琮の兄の子)ら全一族は、先の芍陂の役の恩賞を巡り対立した。全寄がかねてより後継問題を巡って、顧承の兄である顧譚と不仲であったことから、全琮は全寄と一緒に顧譚らの事を孫権に讒言し、交州への流罪に追い込んだという。(「顧雍伝附顧譚伝」、およびそれが引く『呉録』)。顧譚・顧承の叔父である孫和派の重鎮であった陸遜も憤死した。

246年に右大司馬(全琮伝では右軍司馬・左軍師)に昇進した。政争には勝利したものの、孫和廃位後の孫覇立太子までは実現できなかった。

その後、死去した。なお全琮の没年は、247年春正月(呉主伝)・249年春正月(全琮伝)・249年冬(『建康実録』。なお、享年52との記載も『建康実録』にあり、これに従うと生年は198年となる)とその記述が揺れている。

人物編集

温厚恭順な性格。その言辞は未だ嘗て失礼だった事がなかった。人に接する際は謙虚で、傲慢な態度がなかったという。

部将として大きな勇気と決断力とを備え、敵に当たり難事に取り組むときには、ふるい立って我が身の安全などは顧みなかった。しかし軍の総指揮に当るようになると、威儀を大切にして慎重に行動を取り、軍を動かすにあたっては、必ず万全の作戦を立てて、小さな利益などを追うことはしなかった(『呉書』)。

全琮は陸遜ら揚州の貴族の子弟とともに呂範の威儀に置かれるような立場であったという(「呂範伝」)。

子孫編集

長男の全緒は孫亮の時代まで生き、武将として活躍した。次子の全寄は素行が悪い。後に孫権は孫覇を自害させ、それに連座して全寄も自殺させた。末子の全呉は孫権の外孫でもあり、都郷侯に封じられている。三子の全懌が全琮の跡を継いだが、257年5月、魏の諸葛誕の反乱の援軍に全端とともに赴いた時、諸葛誕とともに寿春城で孤立無援となり、12月に魏に降伏した。それより前の11月には、全緒の子の全禕・全儀が所領を巡って内紛を起こし、母親を連れて魏に亡命している。残った全氏一族である全尚は娘を孫亮に嫁がせていたが、子の全紀と共に孫綝排除計画に加担して失敗し、逆に孫綝に殺害された。全公主も失脚し、豫章郡に流されたという。

評価編集

龐統は「汝南の樊子昭に似て、良い名声がある。当代の俊才としても十分だ」と評価した。

陳寿は、全琮の事を「時代を背負う才能があった」と称えたが、一方で「子の悪事を野放しにし、世間から謗られ名誉を失った」とも評した。

晩年の全琮は、二宮事件において孫覇側に加担したため、裴松之には同じく『通語』において孫覇派の一員として挙げられた呂岱と共に、「論ずる必要もない悪人」とまで蔑まれている(「呉主五子伝」の注)。

家系編集

全柔
┣━━━━━━━━━━━━┓
全琮           ?       
┣━━┳━━┳━━┓   ┃
全緒 全寄 全懌 全呉 全端
┣━━┳━━┓
全禕 全静 全儀全尚全紀との続柄は不詳である。

脚注編集

  1. ^ 徐衆の『異同評』によると、礼の定めに、息子が父親のもとにある間は自分の財産というものではなく、また自分の名義で人に経済的な援助をしたりはしないとあるのは、あくまでも父親を尊んで表に立てるためなのである。ここで全ソウが父親の言いつけをないがしろにして自分勝手に資財を処分し、おのれの評判を取ろうとしたのは、父と子との間の礼をまっとうするものではなかった、と批判している。
    裴松之はこれに対し、子路が「正しい道だと聞きましたところ、そのまま実行に移してよろしいでしょうか」と尋ねたとき、孔子は、「父や兄がいるではないか。実行するのは彼らと相談してからだ」と答えている。全ソウがその場の判断で父親の資財を人々に分かち与えたのは、たしかに子としての道にはずれている。しかし士人たちが生命の危機にさらされ、今日明日の生命も知れぬという状態にあったのであるから、情況の重大さと礼の定めとを計りにかけて、他人の急場を救うほうを優先させたのは、ちょうど馮ケンが孟嘗君のためによい評判を買って帰ってきたのや、汲黯が自分の判断で公の倉庫を開いて貧しい人々を救ったような例と同じであって、それを評判を求めるためのものにすぎぬといってしまうのは、彼の本来の気持ちにそむくものではなかろうか、と反論している。