メインメニューを開く

八木 昇(やぎ のぼる、1921年12月14日 - 2005年4月26日)は、佐賀県出身の政治家、元衆議院議員日本社会党所属。 日本電気産業労働組合(電産)中央執行委員をはじめ、佐賀県総評初代議長、労働金庫初代理事長を務め、佐賀県労働運動や労働者福祉運動の礎を築いた。 衆議院議員は1955年第27回衆議院議員総選挙で初当選、以来計9期(25年9ヶ月)を務めた。

経歴・概要編集

1921年佐賀郡富士町(現・佐賀市)で生まれる。福岡中学早稲田大学を経て、1942年九州配電(後の九州電力)に入社。

1944年歩兵第48連隊(久留米)入隊、フィリピンモンテンルパ捕虜収容所より復員。

労働運動編集

  • 1946年 九州配電労働組合佐賀支部青年部長、書記長。
  • 1947年 日本電気産業労働組合(電産)中央執行委員(1955年まで)
  • 1948年 電産九州地方本部副委員長。電産佐賀支部委員長。
  • 1951年 佐賀県労働組合協議会議長。
  • 1953年 佐賀県労働金庫理事長。佐賀県労働会館建設委員会委員長。

政治運動編集

選挙歴編集

合計9期(25年9ヶ月)