メインメニューを開く

六本木ティーキューブ(ろっぽんぎティーキューブ)は、東京都港区六本木三丁目にある超高層ビルである。

六本木ティーキューブ
ROPPONGI T-CUBE
南側より
南側より
施設情報
所在地 東京都港区六本木三丁目
座標 北緯35度39分56秒 東経139度44分17秒 / 北緯35.66556度 東経139.73806度 / 35.66556; 139.73806座標: 北緯35度39分56秒 東経139度44分17秒 / 北緯35.66556度 東経139.73806度 / 35.66556; 139.73806
状態 完成
着工 2001年2月9日[1]
竣工 2003年9月
開業 2003年10月
用途 オフィス、商業、サービスアパートメント
建設費 444億円
地上高
高さ 138.46m
各種諸元
階数 地上27階、地下1階、塔屋3階
敷地面積 5,879
建築面積 3,911 [2]建蔽率67%)
延床面積 61,807 容積率1051%)
構造形式 鉄骨造、一部鉄骨鉄筋コンクリート造・鉄筋コンクリート造
関連企業
設計 日本設計
施工 西松建設[3]
デベロッパー 三井不動産
所有者 三井不動産

概要編集

首都高速道路谷町ジャンクションに面した日本IBM別館跡地[4]三井不動産日本サムスンとの共同事業で建設され、2003年10月に完成した。建物名称は所在地の六本木丁目や事業者の井不動産と日本サムスン(星)、用途がオフィス・商業・サービスアパートメントの3種類であるなど3にまつわる事柄が多いことから、3を表すTri-の頭文字と、3乗を意味するキューブから名付けられた[1][5]。日本サムスン、富士ゼロックス、富士ゼロックス総合教育研究所がオフィスを置くほか、22階以上の上層階にはオークウッドジャパンによる54戸のサービスアパートメントがある[6]東京メトロ南北線六本木一丁目駅とは地下通路で直結している。2015 年、日本サムスンが持ち分を売却し、飯田橋の賃貸物件に移動。

脚注編集

  1. ^ a b “大規模再開発が続く六本木エリアにおいて、最先端の大規模複合オフィスビル 六本木ティーキューブ 竣工” (プレスリリース), 日本サムスン, (2003年10月9日), http://japan.samsung.com/news/presskit/31322 2013年11月30日閲覧。 
  2. ^ ビル年鑑六本木編パート2 (PDF) (週刊ビル経営)
  3. ^ 実績紹介|六本木ティーキューブ(西松建設)
  4. ^ 昭文社 (2000年4月). 首都圏全駅前便利ガイド (地図). 1:15000 (1 ed.). p. 549. ISBN 4-398-28007-3 
  5. ^ “日本サムスン、新社屋"六本木ティーキューブ”上棟式” (プレスリリース), 日本サムスン, (2002年12月17日), http://japan.samsung.com/news/presskit/31279 2013年11月30日閲覧。 
  6. ^ オークウッドレジデンス六本木ティーキューブ

外部リンク編集