メインメニューを開く

共同ピーアール株式会社(きょうどうピーアール)は、企業広報を主業務とした日本の独立系最大のPR会社。 1964年に創業。2005年にPR会社としてははじめてジャスダック上場を果たしている。

共同ピーアール株式会社
Kyodo Public Relations Co., Ltd.
種類 株式会社
市場情報
略称 共同PR
本社所在地 日本の旗 日本
104-8158
東京都中央区銀座7-2-22
設立 1964年11月14日
業種 サービス業
法人番号 4010001041427 ウィキデータを編集
代表者 代表取締役社長 谷鉄也
資本金 4億1,990万円[1]
発行済株式総数 1,260,000株[1]
売上高 単体35億41百万円
連結40億62百万円
(2014年12月期)[1]
純資産 単体3億65百万円
連結4億97百万円
(2014年12月期)[1]
総資産 単体22億09百万円
連結24億07百万円
(2014年12月期)[1]
従業員数 単体188人、連結227人
(2014年12月期)[1]
決算期 12月31日
主要株主 株式会社新東通信 29.97%
株式会社テクノグローバル研究所 15.87%
(2014年12月31日現在)[1]
主要子会社 共和ピー・アール株式会社 100%
株式会社マンハッタンピープル 100%[1]
関係する人物 大橋栄(創業者)
外部リンク https://www.kyodo-pr.co.jp/
テンプレートを表示

老舗として知られ、他社に比べ大手の固定顧客が多いことが特徴。創業者大橋栄の社是である「世論を形成する」の名のもとに日本に「カラーシャツ」や「消費者金融」といった言葉を根付かせるなど、社会を巻き込んだPRを得意とする3大PR会社の1つ。残りの2社は電通PRプラップジャパン。共同PRと記載されることも多く、共同で行うPR活動のことと混同されることも多い。

沿革編集

  • 1964年11月 - 設立[1]
  • 2005年3月 - ジャスダック証券取引所上場[1]
  • 2011年12月- 資金流用問題が発覚、創業者大橋社長から山田明氏に社長交代。
  • 2012年2月- 上村巍氏に社長交代。
  • 2014年2月- 創業者大橋氏から株を譲渡され筆頭株主が広告会社新東通信にかわる。
  • 2015年1月- 業績不振を受け新東通信から株主提案が出され、会社側はこれに反対、委任状争奪戦に展開。
  • 2015年3月27日- 株主総会で新東通信の株主提案が可決。結果、既存役員に加えて株主提案の5名の役員が選任される。
  • 2015年8月24日- 取締役会で新東通信谷鉄也が代表取締役に就任。同年黒字化。
  • 2016年6月- 地域に特化したインフルエンサーサービス(ローカルインフルエンサー)を開始。
  • 2017年7月25日- 創業者大橋栄氏が永眠。合同葬を上野寛永寺で執り行う。日経新聞では「PR業界の天皇亡くなる」と記載される。
  • 2017年9月- アジアとアフリカをつなぐビジネスプラットフォーム「AA20」を設立。
  • 2018年2月- 日本最大級のインフルエンサーマーケティング会社VAZ社との資本提携。
  • 2018年6月30日- 1対3の株式分割を発表。
  • 2018年8月13日- 中国大手電子決済プラットフォーマーLAKALA社と一次代理店契約を発表。

出典編集

外部リンク編集