メインメニューを開く

兵庫県道42号尼崎宝塚線

日本の兵庫県の道路
この項目に含まれる文字は、オペレーティングシステムブラウザなどの環境により表示が異なります。 の文字は公式の表記U+FA10.svgと異なる可能性があります。

兵庫県道42号尼崎宝塚線(ひょうごけんどう42ごう あまがさきたからづかせん)は、兵庫県尼崎市から宝塚市を結ぶ県道主要地方道)である。南側に接続する兵庫県道192号尼崎港崇徳院線とともに尼宝線(あまほうせん、にほうせん)と呼称されている。

主要地方道
Japanese Route Sign Number 4.svgJapanese Route Sign Number 2.svg
兵庫県道42号標識
兵庫県道42号 尼崎宝塚線
主要地方道 尼崎宝塚線
総延長 8.844 km
制定年 1942年
起点 尼崎市大庄北三丁目【地図
主な
経由都市
伊丹市
終点 宝塚市小浜三丁目【地図
接続する
主な道路
記法
Japanese National Route Sign 0002.svg 国道2号
Japanese National Route Sign 0171.svg 国道171号
中国自動車道
Japanese National Route Sign 0176.svg 国道176号
テンプレート(ノート 使い方) PJ道路

目次

概要編集

この道路はもともと阪神電気鉄道系列の宝塚尼崎電気鉄道が尼崎 - 宝塚の鉄道免許を取得して建設し、路盤が完成したものの尼崎市内乗り入れ問題で挫折、その後路盤を舗装してバス専用道として利用されていたが、戦時中に兵庫県によって買収され県道となった。その名残で現在でも阪神バスが尼崎市内と宝塚市内を結ぶ路線を運行している。既存の鉄道から離れた区間を通るため、バスの便数・利用者は多い。

道路は尼崎市内の阪急神戸本線を縦断する陸橋区間(阪急立体工区)と、尼崎市の阪神バス「時友」バス停付近から「昆陽里南」バス停付近の間の区間(山田工区)、宝塚市の「福祉センター前」交差点から中国自動車道宝塚IC尼宝線出入口付近の区間(小浜南工区)以外はすべて4車線化が完了し、供用を開始している(ただし宝塚市内は一部2車線のみの供用)。前述の小浜南工区は慢性的な渋滞が発生しているため、ICの出入口を高架化、本線4車線化する工事を行っており、平成30年度供用開始を目標としている。そのほかの工区も平成35年度までに完了する見込みである。 [1]

 
阪神バス 昆陽里バス停(2009年4月6日撮影)

鉄道未成線を流用したため、一部区間ではその痕跡が残る。全体的に直線が多いことに加え、尼崎市内の関西労災病院付近では西側に側道(一部は歩道化された)がある。また同市内の武庫の里2丁目(兵庫県立武庫荘総合高等学校付近)・西昆陽1丁目付近(阪神バス時友停付近)にも将来の拡幅を見据えて事前に設けられていた側道が見られる(前述の4車線化工事に関連する)。また、阪急神戸本線を乗り越す陸橋(尼崎市南武庫之荘7北交差点 - 武庫之荘2丁目交差点)は前後4車線の中で、ここだけ2車線で比較的ゆるやかな勾配となっており、それを偲ばせる[2]1987年頃まで、JR神戸線をくぐるガード(上記の関西労災病院北側)も上下1車線ずつでいかにも鉄道を通すためという雰囲気を持っていた。[要出典]

この区間を走る阪神バスも、一部停留所では駅名標のような停留所名板が付いた屋根付きの待合所が設けられて[3]、あたかも駅のような雰囲気を醸し出していたが、2017年6月現在で残っているのは西大島(宝塚方面)と小浜のみである。

路線データ編集

 
起点となる、西大島交差点
  • 起点:尼崎市大庄北三丁目(西大島交差点)
  • 終点:宝塚市小浜三丁目(小浜交差点)
  • 総延長:約8.844 km

歴史編集

路線状況編集

交通量編集

  • 28,113台(平日24時間、尼崎市武庫之荘)[5]

地理編集

通過する自治体編集

交差する道路編集

沿線にある施設など編集

沿線の史跡としては、国道171号西国街道)と交差する昆陽里(こやのさと)交差点付近に、南北朝時代武将である高師直が殺された地点とされる「師直塚」がある。また、その北東側、寺本二丁目には行基が建立した昆陽寺がある。

商業施設等をみると、人口密集地帯を走るため沿道には関西スーパー(伊丹市内)、万代マックスバリュ(尼崎市内)といったスーパー、エディオンヤマダ電機(宝塚市内)といった家電量販店、DCMダイキ(宝塚市内)といったホームセンター、ファミリーレストランやドラッグストアなどが林立している。とりわけ昆陽里交差点付近にはイズミヤ昆陽店を中心に商業施設が集積している。また、伊丹市池尻の三菱電線跡地に、イオン伊丹昆陽ショッピングセンター(現・イオンモール伊丹昆陽)がオープンした。

そのほか、総合病院としては地域有数の規模をもつ、関西労災病院が尼崎市内の沿道に存在する。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 工事計画に関する詳細
  2. ^ ただし、道路拡幅を目的とする立体交差事業が予定されている (尼崎市都市計画道路整備プログラム)
  3. ^ かつては昆陽里、池尻、時友などの停留所にも同様の待合所が設けられていたが、4車線化工事などに伴い撤去された。
  4. ^ s:道路法第五十六条の規定に基づく主要な都道府県道及び市道 - 平成五年五月十一日建設省告示第千二百七十号、建設省
  5. ^ 国土交通省道路局 平成17年度道路交通コンセンサスによる [1]

関連項目編集