メインメニューを開く

内海 彰乃(うつみ あきのり、1975年4月11日[1] - )は、兵庫県[1]神戸市出身の全日本プロドリフト選手権D1グランプリ)に参戦するレーサー血液型はB型[1]。コーナーにおける高速の飛び込みと進入角度で『関西の暴れん坊』の異名を持つ。愛称はうっちー[1]

略歴編集

D1グランプリには初年度から参戦している。

2003年度終了地点での自己最高位は12位。

2004年度では成長株と目されていたが、当時の参戦ワークスチームであったC-WESTFD3Sに乗りなれていないことと、コーナーに進入した後の抑えが利かなかったこともあり失速。2004年の日米オールスター戦では1回戦落ちした。

2005年度は幾度か予選通過があった程度で、2006年度に入ると完全にスランプとなり、D1ライセンス失効寸前にまで陥った。

しかし2007年度に入ると体制を一新し、不動産店であるベネロップNKBのサポートを受け、NKBカラーのワンビアにて参戦。

第4戦のSUGOにて7位入賞を果たし、第5戦のエビス南では黒井敦史熊久保信重小師賢作といったライバル勢を倒し、決勝戦でも野村謙との激しいサドンデスの末に準優勝を勝ち取り、復活をアピールした。

2010年、バイク大手部品メーカー・KN企画のRC部門・RC926と合同のD1 GPチームを結成。

2012年度、YOKOHAMAタイヤよりTOYO TIRESへ移籍。

シード選手をも圧倒する強さを見せる反面、ミスをすることも多い(2012年最終戦でチーフ審査員の神本から「それがシードになれない最大の原因」と指摘された)。

2013年に入り、2012年度より移籍したタイヤメーカー・TOYO TIRESにてR1Rのタイヤ特性を熟知し、走り方をがらりと変える事で、自己最高成績を残しシリーズランキング5位のシードとなった。

2015年のD1グランプリでは単走シリーズ優勝、総合シリーズランキング6位、舞洲戦では単走優勝を果たしている。

2016年からは自動車部品メーカーのDIXCELがメインスポンサーとなりteam DIXCEL with TOYO TIRESと名前も変わりチームカラーもベージュから白に一新し参戦している。

2019年度より、TOYO TIRESから5FIVEX TIRESに移籍。

人物編集

  • D1グランプリには初年度から参戦している事と、ノリのいいトーク、的確な素早い判断で、様々なドリフトイベントで審査員に起用されている。また、他活動としてMCなども担当している。
  • 普段は神戸市にあるレストラン自動車販売店を経営している。
  • 好きなキャラクターに『ドラえもん』のジャイアンこと剛田武を挙げていて、mixiのニックネームに使用するくらい気に入っている。
  • 『ドリフトの帝王』と呼ばれる古口美範を尊敬している。
  • レストランで出す得意料理は牛肉煮込み料理で、ワインと様々なスパイスをブレンドしたワイン煮が得意とのこと。
  • かつては神戸で有名な走り屋チーム「NIGHT ZONE」のリーダーであり、当時埠頭などで走り回っていた経験からD1GPにおいては路面状態が悪い特設コースを得意とし、好成績を残すことが多い。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d DRIVER”. Team TOYO TIRES DRIFT. 2016年12月8日閲覧。

外部リンク編集