メインメニューを開く

内藤 のび太(ないとう のびた、1984年2月17日 - )は、日本男性総合格闘家千葉県印西市出身。パラエストラ松戸所属。元ONE世界ストロー級王者。元修斗世界フライ級王者。本名は、内藤 禎貴(ないとう よしたか)。弟は総合格闘家の内藤頌貴

内藤 のび太
基本情報
本名 内藤 禎貴
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1984-02-17) 1984年2月17日(35歳)
出身地 千葉県印西市
所属 パラエストラ松戸
身長 162cm
体重 56kg
階級 ストロー級
テンプレートを表示

来歴編集

22歳の時に格闘技を始めた[1]。それまでスポーツの経験はほとんどなかったが[2][3]2011年全日本アマチュア修斗選手権フライ級(-52kg)で優勝し、27歳でプロに昇格した。

プロフェッショナル修斗編集

2012年8月25日、修斗フライ級新人王決定トーナメント2回戦で藤川翼を相手にプロデビュー戦を行い、2Rにギロチンチョークで一本勝ちを収めた。

2012年12月15日、修斗フライ級新人王決定トーナメント決勝戦でSHOTAと対戦。2RにパウンドでKO勝ちを収め、2012年度の修斗フライ級新人王を獲得した。

世界王座獲得編集

2014年9月27日、修斗世界フライ級チャンピオンシップで王者の室伏シンヤと対戦し、5Rにリアネイキドチョークで一本勝ち。王座獲得に成功した。

2015年7月26日、修斗世界フライ級チャンピオンシップで挑戦者の澤田龍人と対戦し、4Rに肩固めで一本勝ち。王座初防衛に成功した。試合前にはテレビアニメ『ドラえもん』の声優を務める水田わさびドラえもん役)、木村昴剛田武役)から花束が贈呈された[4]

2015年11月29日、修斗世界フライ級チャンピオンシップで挑戦者の猿丸ジュンジと対戦し、3-0の判定勝ち。2度目の王座防衛に成功した。

2016年4月22日、ONE世界ストロー級(-56.7kg)王座に挑戦するため、修斗世界フライ級王座を返上した[5]

ONE Championship編集

2016年5月27日、ONE Championship 43の世界ストロー級タイトルマッチで王者のデェダムロン・ソー・アミュアイシルチョークと対戦し、4Rにリアネイキドチョークで一本勝ちを収め、王座獲得に成功した。

2016年10月7日、ONE Championship: State of Warriorsの世界ストロー級タイトルマッチで挑戦者のジョシュア・パシオと対戦し、3Rにリアネイキドチョークで一本勝ち。王座初防衛に成功した。

2017年12月9日、ONE Championship: Warriors of the Worldの世界ストロー級タイトルマッチで挑戦者のアレックス・シウバと対戦し、0-3の判定負け。キャリア初黒星を喫し、王座から陥落した。

2018年5月12日、ONE Championship: Grit and Gloryの世界ストロー級タイトルマッチで王者のアレックス・シウバとダイレクトリマッチを行い、2-1の判定勝ち。再び王座獲得に成功した。

2018年9月22日、ONE Championship: Conquest of Heroesの世界ストロー級タイトルマッチで挑戦者のジョシュア・パシオと再戦。2R中盤以降はグラウンドコントロールで主導権を握り続けたが、0-3の判定負けを喫し、王座から陥落した[6]

2019年3月8日、One Championship: Reign of Valorでレネ・カタランと対戦。1R途中にカタランのパウンドで顔面をカットし、レフェリーストップでキャリア初のTKO負けを喫した[7]

人物・エピソード編集

戦績編集

総合格闘技 戦績
17 試合 (T)KO 一本 判定 その他 引き分け 無効試合
14 1 6 7 0 0 0
3 1 0 2 0
勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
アレックス・シウバ 5分3R終了 判定3-0 One Championship: Enter the Dragon 2019年5月17日
× レネ・カタラン 1R 4:32 TKO(パウンド) One Championship: Reign of Valor 2019年3月8日
× ジョシュア・パシオ 5分5R終了 判定0-3 ONE Championship: Conquest of Heroes
【ONE世界ストロー級タイトルマッチ】
2018年9月22日
アレックス・シウバ 5分5R終了 判定2-1 ONE Championship: Grit and Glory
【ONE世界ストロー級タイトルマッチ】
2018年5月12日
× アレックス・シウバ 5分5R終了 判定0-3 ONE Championship: Warriors of the World
【ONE世界ストロー級タイトルマッチ】
2017年12月9日
ジョシュア・パシオ 3R 1:33 リアネイキドチョーク ONE Championship: State of Warriors
【ONE世界ストロー級タイトルマッチ】
2016年10月7日
デェダムロン・ソー・アミュアイシルチョーク 4R 4:00 リアネイキドチョーク ONE Championship 43: Kingdom of Champions
【ONE世界ストロー級タイトルマッチ】
2016年5月27日
猿丸ジュンジ 5分5R終了 判定3-0 修斗
【修斗世界フライ級チャンピオンシップ】
2015年11月29日
澤田龍人 4R 4:46 肩固め 修斗
【修斗世界フライ級チャンピオンシップ】
2015年7月26日
室伏シンヤ 5R 4:57 リアネイキドチョーク 修斗 2014年第7戦
【修斗世界フライ級チャンピオンシップ】
2014年9月27日
正城ユウキ 5分3R終了 判定3-0 修斗 2014年第2弾 2014年3月16日
オニボウズ 5分3R終了 判定3-0 修斗 2013年第5戦 2013年11月9日
ヒートたけし 5分3R終了 判定3-0 修斗 SHOOTING DISCO 22 2013年10月5日
ATCHアナーキー 5分3R終了 判定2-0 修斗 SHOOTING DISCO 21 2013年6月8日
阿藤リトル 3R 3:10 腕ひしぎ十字固め 修斗 SHOOTING DISCO 20 2013年2月23日
SHOTA 2R 3:16 KO(パウンド) 修斗 THE ROOKIE TOURNAMENT FINAL 2012
【修斗フライ級新人王決定トーナメント 決勝戦】
2012年12月15日
藤川翼 2R 2:31 ギロチンチョーク 修斗 SHOOTO GIG TOKYO Vol.11
【修斗フライ級新人王決定トーナメント 2回戦】
2012年8月25日

獲得タイトル編集

脚注編集

  1. ^ a b 2014年9月度MVP 内藤のび太”. イーファイト (2014年10月7日). 2018年5月23日閲覧。
  2. ^ 格闘家イケメンファイル Vol.7 のび太の世界王者挑戦 内藤のび太”. TOKYO HEADLINE (2014年8月31日). 2018年5月23日閲覧。
  3. ^ 【修斗世界王者】内藤のび太は仮面を脱いでも“のび太”だった!!”. Dropkick (2014年11月17日). 2018年5月23日閲覧。
  4. ^ 【修斗】無敵のび太が一本勝ちで王座防衛、本物も応援に来た”. イーファイト (2015年7月26日). 2018年5月23日閲覧。
  5. ^ 内藤のび太、修斗世界王座返上。タイではのび太キャラも返上の危機”. バウトレビュー (2016年4月22日). 2018年5月23日閲覧。
  6. ^ ONE 9.22 ジャカルタ:松嶋こよみ、元王者ガフロフを1R KO。内藤のび太と若松佑弥は判定負け。ロッタン圧勝”. バウトレビュー (2018年9月23日). 2018年9月23日閲覧。
  7. ^ 【ONE】内藤のび太が1R TKO負け、カデスタムは王座防衛。健太はペットモラコットに健闘も判定負け、MOMOTAROが判定勝ち、渡辺優太は判定負け”. ゴング格闘技 (2018年3月8日). 2019年5月21日閲覧。
  8. ^ 水曜日のダウンタウン 2018/04/25(水)22:00放送”. TVでた蔵. 2018年5月23日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集

前王者
室伏シンヤ
第5代修斗世界フライ級王者

2014年9月27日 - 2016年4月22日(返上)

次王者
飛鳥拳
前王者
デェダムロン・ソー・アミュアイシルチョーク
第2代ONE世界ストロー級王者

2016年5月27日 - 2017年12月9日

次王者
アレックス・シウバ
前王者
アレックス・シウバ
第4代ONE世界ストロー級王者

2018年5月12日 - 2018年9月22日

次王者
ジョシュア・パシオ