内藤義清

戦国時代の武将。内藤行俊--内藤重清-内藤義清。岡崎五人衆の一人。内藤氏中興の祖

内藤 義清(ないとう よしきよ、寛正4年(1463年)‐天文6年(1537年))は、戦国時代武将。父は内藤重清。子に内藤清長内藤忠郷。三女は石川数正正室岡崎五人衆の一人。内藤氏中興の祖といわれる。

来歴・人物編集

内藤義清は松平信忠松平清康に仕え、上野城主となり、大永5年(1525年)には上野城を攻撃してきた織田信秀の軍をよく防いだ。享禄2年(1529年)には松平清康に従い、吉田城宇理城を攻め功をあげた。天文5年(1536年)、前年に起きた森山崩れにより三河が弱体化したのを見て取った織田信秀が三河に侵入してきたのを迎え撃ち、この戦いによって負傷する。この時の傷がもとで翌年に死去した。享年73。法名は釈善芳。墓所は愛知県岡崎市 鴨田町の西光寺。

関連項目編集