メインメニューを開く

内藤 良一(ないとう りょういち、1906年12月26日 - 1982年7月7日)は、日本陸軍軍医中佐1950年日本ブラッドバンク(後のミドリ十字)を創業。医学博士

内藤 良一
生誕 1906年12月26日
大日本帝国の旗 大日本帝国 京都府
死没 (1982-07-07) 1982年7月7日(75歳没)
所属組織 大日本帝国陸軍の旗 大日本帝国陸軍
軍歴 1936 - 1945
最終階級 陸軍軍医中佐
除隊後 ミドリ十字社創業
テンプレートを表示

経歴編集

京都府綾部出身。茨木中学旧制三高を経て、1927年(昭和2年)京都帝国大学医学部に入学し、そこで陸軍委託学生(卒業後陸軍に入ることを条件に学資の給付を受ける)になる。1936年(昭和11年)に京大大学院を卒業。「バクテリオファージ研究補遺」で医学博士となる[1]

1937年(昭和12年)からヨーロッパアメリカでの研究、情報収集を行った後、陸軍軍医学校防疫研究室の責任者として、731部隊が主導した細菌兵器の開発・研究や人体実験にも関わった[2]。帰国後、東京戸山の陸軍軍医学校で終戦まで軍医教官として勤務した。

1945年(昭和20年)、内藤は731部隊が主導した細菌戦および人体実験に関する重要参考人としてGHQの尋問を受けた後、同部隊の組織図を提出し、人体実験の事実を大筋で認めた(ただし、細菌部隊に関するアイデアはすべて731部隊の部隊長であった石井四郎中将のものだったと主張している[2])。

その後は京都大学医学部で小児科の臨床を学び、京都市で小児科医をしていた。戦後の飢餓の中で、輸血さえできれば命を救える婦人や子供の患者に血液銀行の必要性を痛感し、神戸銀行の出資を得て1950年(昭和25年)に日本最初の血液銀行として株式会社日本ブラッドバンクを設立。その後日本各地で民間や公共の血液銀行が創立され競争が激しくなると、内藤は日本ブラッドバンクの事業の柱を人工血液製剤製造に移し、その承認を厚生省に求める際に(内藤自らの希望で)最初に内藤自身が治験第一号になっている。

1982年(昭和57年)、死去。

関連項目編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ バクテリオファージ研究補遺 内藤良一 著国立国会図書館
  2. ^ a b 青木冨貴子 『731 石井四郎と細菌戦部隊の闇を暴く』 新潮社 2008年、352頁