大阪府立茨木高等学校

日本の大阪府茨木市にある公立高等学校
この項目に含まれる文字は、オペレーティングシステムブラウザなどの環境により表示が異なります。

大阪府立茨木高等学校(おおさかふりつ いばらき こうとうがっこう、: Osaka Ibaraki High School)は、大阪府茨木市新庄町にある公立高等学校。19世紀末の明治28年(1895年)、大阪府第四尋常中学校(旧制中学校)として創立した。略称は「茨高」(いばこう)。

大阪府立茨木高等学校
大阪府立茨木高等学校
2008年平成20年〉3月撮影)
過去の名称 大阪府第四尋常中学校
大阪府第四中学校
大阪府茨木中学校
大阪府立茨木中学校
大阪府立三島野高等学校
国公私立の別 公立学校
設置者 大阪府の旗 大阪府
校訓 勤倹力行
設立年月日 1895年明治28年)2月21日
創立記念日 4月25日
共学・別学 男女共学
課程 全日制課程
単位制・学年制 学年制
設置学科 文理学科
学期 2学期制
高校コード 27116A
所在地 567-8523
大阪府茨木市新庄町12-1

北緯34度48分49.9秒 東経135度34分16.4秒 / 北緯34.813861度 東経135.571222度 / 34.813861; 135.571222座標: 北緯34度48分49.9秒 東経135度34分16.4秒 / 北緯34.813861度 東経135.571222度 / 34.813861; 135.571222
外部リンク 公式サイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示

概要編集

1895年明治27年)大阪府立で4番目の尋常中学校(男子校)として創立。太平洋戦争後の学制改革により、大阪府立茨木高等女学校(現・大阪府立春日丘高等学校)と交流し、男女共学の新制の高等学校となった。

1916年大正5年)の水泳場竣工、クロール泳法の普及、オリンピック選手など数多くの競泳選手を輩出し、「日本近代水泳発祥の地」と称され、記念碑が設置されている。現在も水泳設備は充実し、大阪府立の高校で唯一、屋内型の50mプールを所有している。

略称は「茨高」だが、大阪府第四尋常中学校の「四」の文字をデザイン化した校章の形がπに似ているため「パイ高」と俗称されることもある。

生徒心得は存在するが、校則は存在せず 自由・自律を重んじる校風のため、髪染めや携帯電話の所持などは個人の自律性に任せられている。

前後期の二期制の採用や65分×5限授業を実施している。

沿革編集

創立前史編集

1894年(明治27年)の中学校令改正で道府県1ヶ所の中学校(旧制)の複数設置が可能となり、大阪府は都心部の大阪府尋常中学校(現・大阪府立北野高等学校)以外にも、郡部にも1校増設する計画を立てた。堺市住吉郡平野郷町東成郡天王寺村若江郡八尾村などが誘致に動き、3校の増設が決定した。当初、府北部の新設予定候補地として吹田村を検討していたが、島下郡(のち郡の統廃合により三島郡)の郡役所所在地である茨木村への設置を推す意見があがり、茨木村に設置となった。

学校創立編集

1895年2月21日に大阪府第四尋常中学校の設立が認可され、同年4月25日島下郡三島村大字総持寺にある高野山真言宗の寺院総持寺に仮校舎を設置して開校した。この時、大阪府第二尋常中学校(現・大阪府立三国丘高等学校、大阪府第三尋常中学校(現・大阪府立八尾高等学校)が同時に開校している。

1897年7月に三島郡茨木村大字茨木に校舎が完成し(現在地)、同年9月より授業を開始した。

1899年の中学校令改正により、大阪府第四中学校へ改称。また1901年4月に大阪府茨木中学校へ改称したが、直後の同年6月に大阪府立茨木中学校へと改称している。

勤労動員編集

第二次世界大戦中の国民総動員体制により、1937年以降は勤労奉仕が始まり、生徒らは軍需工場に動員された。1944年8月以降は通年の動員体制となり授業がおこなわれなくなった。3-5年生は軍需工場に動員され、1-2年は開墾作業に従事した。

学制改革と廃校問題編集

戦後1948年学制改革により新制の高等学校となり、大阪府立茨木高等学校と称した。近隣の大阪府立春日丘高等学校(旧「大阪府立茨木高等女学校」)と男女生徒を交流して男女共学を実施。茨木高校(茨木中学校)から春日丘高校へは男子生徒355人が移り、また春日丘高校(茨木高女)から茨木高校へは女子生徒363人が移った。

しかし直後の1948年5月26日、アメリカなどGHQ(進駐軍)は茨木高校校舎を新制の中学校の校舎へ転用し、茨木高校を廃校とする方針を決定。GHQの責任者は廃校採決も承認した。

校舎を明け渡して、茨木高校は春日丘高校内に同居。また学制改革に伴い過渡的に設置されていた併設中学校の生徒は、学校組合立養精中学校(現在の茨木市立養精中学校)へ転入させられた。

空いた校舎は吹田市立第二中学校と富田町立中学校(現・高槻市立第四中学校)が使用する計画だったたが、両校とも独自に校舎を建てることにしたため茨木高校の校舎は使用されなかった。

これらGHQの措置に対して茨木高校関係者は、校舎復帰・廃校反対を求める運動を起こした。進駐軍は高校関係者や地元住民の意向を無視できないと判断して方針転換し、「茨木高校の校舎転用方針は撤回し、茨木高校・春日丘高校にそれぞれ新制中学校を付設して6年制の『実験学校』とする」案を出した。

これに伴い1948年8月に現在地に校舎を復帰した。また書類上は廃校扱いになっていたので「茨木」の名称は使えないとして、同月に「大阪府立三島野高等学校」の名称で大阪府に届け出、同年10月の大阪府条例では「三島野」の名称で告示されている。

付設される新制中学校は従来の学校組合立養精中学校を分離する形で充て、茨木高校内には1949年に養精東中学校が併設された。しかし「実験学校」案は「思いつき」(茨木市史)とまでいわれるようなものだったため1年で廃止され、付設の養精東中学校は1950年に廃止されて元の養精中学校へと戻っている。

校名は大阪府立三島野高等学校となっていたが、「茨木」の校名を復活させる運動が1952年以降本格化し、1955年には、春日丘高校サイドの大反対(春日丘も「茨木」の地名を校名に冠したかったが、諦めた経緯があるため)を振り切る形で、現在の大阪府立茨木高等学校へと改称した。

総合制の導入と廃止編集

高校三原則の下、1949年度より総合制課程を実施し、総合高等学校となった。入学時は一括募集で、普通・家庭商業工業に関する選択科目を設けて生徒に選択させ、普通科目を一定数以上選択した者は普通課程、職業科目を一定数以上選択した者は職業課程とする方式だった。

工業科は1953年度より別枠募集を開始したが、普通科の中に商業・家庭の選択科目を設置する総合制の教育課程は1962年度入学生まで維持された。

しかし1963年には、同年に新設された大阪府立茨木工業高等学校(現在の大阪府立茨木工科高等学校)に機能を移管する形で工業科の募集を停止した。また1963年のカリキュラム改正では、同年に入学した生徒より商業・家庭の選択科目の開講はなくなった。これに伴い、旧課程(総合課程)および工業科の生徒がすべて卒業した1965年3月をもって総合制は廃止されている。

生徒急増期編集

1970年代から1980年代にかけての生徒急増期、増加分は府立高校を新設し受け入れる形になった。その後「1990年代以降生徒減少期に入る」という見通しなどから新設が抑えられ、既存校での受け入れ政策へシフト。この影響で、1970年代前半1学年10クラス(45人学級)だった茨木高校でも、団塊ジュニア世代が進学するバブル時代のピーク時(1986年度から1989年平成元年〉度)、1学年12学級(48人学級)へ増え、校舎も増築された。

年表編集

基礎データ編集

交通アクセス編集

象徴編集

校章編集

校章は、創立当時の大阪府第四尋常中学校の「四」の文字をデザイン化。形がπに似ているためかつては「パイ高」と俗称されたこともある。

校歌編集

校歌は『天つ空見よ』。1912年に歌詞ができており、校名・地名が読み込まれていないという意味では稀有な校歌である。

校風編集

大正時代から続く「妙見夜行登山」など、質実剛健だった戦前の教育行事の名残を今でも残している。

質実剛健の校風は太平洋戦争第二次世界大戦)後、GHQから非常に警戒されたというが、現在はリベラルな校風となっており、生徒による体育祭運営などの自治活動が盛んである。1960年代末には学園紛争の影響を受け、突出した学生による学校封鎖が行われたこともあった。

制服編集

創立当初の制服は和装だったが大正時代に全国的に制服の洋装化が進み、和装は全国3校のみに減少した。そのうちの1校という「時代遅れ」に対して1920年に生徒らが制服改革を求めてストライキを起こし、学校側はストライキ主導者の退学処分で応じ、それらの騒動が新聞で報道された。翌1921年に校長が交代し、新任の校長が制服改訂を表明し決着。1922年度より実施された。

学校施設編集

校舎編集

校舎は、開校100年を機に出江寛の設計で建て替えられた。体育館は屋根に採光のための突起がいくつも出ている特異な形をしているが、これは茨木童子にちなみ「鬼」をモチーフに設計されたからである。

当初1995年の竣工を目指していた[1]。しかし校舎建設予定地から、旧石器時代から江戸時代にかけての複合遺跡が発掘。新庄遺跡と名付けられ、発掘調査が行われたため工事が遅れ、完成は1997年4月となった。

校舎横に、形状が円周率のπの文字に似たベンチがある。通称「πベンチ」は、実は当校の校章を象っている。

昭和初期1935年建築の旧校舎はコンクリート造りで、「白塔」と呼ばれるシンボルがあった。また、庭には高槻で出土した石棺が置かれていた[注 1]

水泳場編集

1913年6月、校地隅のため池を改造し、生徒らの作業で「水泳池」が設置された。しかし外部から自由に出入り可能な状態のため、近隣住民の洗い物などにも利用され、衛生面の心配もあった。

その後大正天皇即位記念事業として、本格的な水泳場が建設された。生徒の作業で1916年3月に完成した[2]

学校行事編集

すべての学校行事は、生徒会執行部が中心となって各行事実行委員が運営する。これらを通じて生徒たちは「野太く」成長する。もし、生徒会執行部が成立しなければ中止となる。

  • 遠足(5月):クラスの親睦を深めるために年1回行われ、場所や内容等もクラスごとに企画。近年はバーベキューを開く傾向。
  • 春季芸術祭(6月):音楽系の部活やダンス部、また有志バンドなどが出演。書道部や美術部による作品の展示が昼休みや放課後に数日間行われる。参加団体の代表者による春季学芸祭運営委員会(通称:春芸委員会)が運営する。公演場所は主にBC間・多目的ホールの2箇所で、それぞれFUSION部、軽音楽部が管理・運営を担う。
  • 宿泊野外行事(6月・10月など年により異なる):いわゆる修学旅行だが、単なる観光旅行でなく体験に重点を置き、アンケートにより行き先が決まる。また、企画から旅行業者や現地との交渉まで生徒の行事委員会で行い、現地でも生徒の委員が中心となり活動する。2000年代に入ると、モンゴル2002年)、オーストラリア2005年2006年)と外国旅行もあった(2007年2010年北海道)。行事の事前・事後学習も充実しており、行事を通じて企画力・実行力・表現力などが育成される。なお、2018年(72期)はフィリピン2019年(73期)はカンボジア2020年(74期)はベトナムに行く予定。
  • 体育祭(9月):3年生が中心となり、1、2年生とともに一体となる行事。生徒会執行部や体育祭実行委員が中心となり、企画・準備・運営が生徒の手で行われる。旧制中学校時代より盛んな行事で、競技よりも、生徒全員参加の応援団マスゲーム、マスコット(巨大張りぼて)制作、それを活用したマスコット・アピールなどが中心となる。毎年5月頃から準備が始まる。7月にはマスコットを作るための「竹取」を行う。かつては千里丘陵で、2009年度からは島本町、2016年度から長岡天神にて竹取は行われている。9月前半の体育祭本番に向けて、夏休みの多くはマスゲームなどの練習などに費やす。当日は多くの保護者らが参観して華やかなパフォーマンスも繰り広げられる。使用した竹を竹炭として文化祭で販売するなど、環境教育も視野に入れた取り組みで、かつて「日本一の体育祭」と有力紙に掲載された[注 2]
  • 文化祭(11月):1、2年生が中心だが3年生有志の出場もある。元々は体育祭と合わせて学校祭として執り行っていたが、大学受験方式の変更によるカリキュラム更新の影響で分離され、2日間の開催が1日のみへ縮小された。
  • 妙見夜行登山(1月):希望者のみ参加で、2年生が中心となり例年200名の生徒が、徹夜で学校から妙見山の山頂まで50kmを往復する。非常に厳しい行事だが、生徒会執行部及び妙見委員会が企画運営し、PTA・同窓会・地域住民の支援のもと実施される。
  • 冬季芸術祭(2月):基本的には春季芸術祭と内容は同じである。

諸活動編集

部活動編集

部活動及びサークルは全て生徒会に属し、生徒会執行部の傘下にある。執行部が不成立の場合は「部活動は存在しない」扱いとなる。

伝統的に水泳が盛んで、現在の水泳部は飛込競技を経て、水球競泳のクラブとなっている。

そのほかスキー、テニス、ラグビーハンドボールバドミントン陸上競技サッカー野球卓球バレーボール剣道囲碁将棋吹奏楽ダンス文芸、数学研究(パソコンによるゲームプログラミング)、化学生物軽音楽FUSION、古代文字研究、射撃競技かるた家庭科ディベート茶道、クイズ研究、ボランティアなどの部活動及びサークルがある。

かつては、山岳部・昆虫研究部といったクラブも存在していた。

高校関係者と組織編集

高校関係者組織編集

  • 久敬会 - 同窓会。「きゅうけいかい」と読む

著名な出身者編集

政治・行政編集

法曹編集

経済編集

教育・研究編集

文芸・芸術編集

芸能・マスコミ編集

スポーツ編集

そのほか関係者編集

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ 今は博物館へ移管され、高校には体育館1Fにレプリカ設置
  2. ^ 今は竹炭の販売は行っていない。

出典編集

  1. ^ 大阪府議会1990年、茨木高校を含む府立高校11校についての改築予算を計上した。それに伴い茨木高校の校舎改築が具体化することになった。
  2. ^ 秩父宮同妃殿下台覧水上競技大會 (PDF) 日本水上競技連盟『水泳』24-25頁 1931年12月
  3. ^ “TOMOYO NAKAO 中尾知代 about me”. http://www.cc.okayama-u.ac.jp/~tnaka/profile.html 2013年6月29日閲覧。 
  4. ^ “茨木市、「川端康成青春文学賞」創設 ノーベル賞受賞50周年” (日本語). 産経新聞. (2018年2月1日). https://www.sankei.com/region/news/180201/rgn1802010025-n1.html 2020年10月6日閲覧。 

参考文献編集

  • 茨木高校創立110周年記念誌編纂委員会、茨木高校同窓会「久敬会」『創立110周年記念誌 世紀を越えて』、2005年。
  • 茨木市史編纂委員会『茨木市史』、1969年。

関連項目編集

外部リンク編集