内藤記念くすり博物館

内藤記念くすり博物館(ないとうきねんくすりはくぶつかん)は、岐阜県各務原市川島竹早町1にある、医学、薬専門の博物館である。

Japanese Map symbol (Museum) w.svg 内藤記念くすり博物館
Naito Museum of Pharmaceutical Science and Industry
Naito Museum of Pharmaceutical Science and Industry01.jpg
中央が本館、右側が展示館、左側が図書館
施設情報
前身 内藤記念くすり資料館
専門分野 医学、薬専門
収蔵作品数 約65000点
事業主体 エーザイ株式会社
開館 1971年(昭和46年)6月
所在地 501-6195
岐阜県各務原市川島竹早町1
位置 北緯35度21分52.19秒 東経136度50分40.31秒 / 北緯35.3644972度 東経136.8445306度 / 35.3644972; 136.8445306座標: 北緯35度21分52.19秒 東経136度50分40.31秒 / 北緯35.3644972度 東経136.8445306度 / 35.3644972; 136.8445306
外部リンク 公式サイト
プロジェクト:GLAM
テンプレートを表示

概要編集

1971年(昭和46年)6月、日本初の薬に関する総合的な博物館として、岐阜県羽島郡川島町(現各務原市)のエーザイ川島工園の中に内藤豊次(エーザイ創業者)により「内藤記念くすり資料館」として設立される。1977年(昭和52年)に現在の名称に改称。1986年(昭和61年)10月に展示館を開設。2005年11月に図書館を開設。

洋 の東西に 関係な く、 様々な薬学医学に関する 歴史、薬の扱い方、健康へ の 知識、及びエーザイの歴史が展示され、収容されている薬の資料は約65,000点。図書は約62,000点に及ぶ。江戸時代の製薬道具、医学道具の実物の展示や、江戸時代の薬屋の状況を復元、解体新書等の貴重な文献が展示されている。これらの資料や文献、最新医薬に関する情報等は、年1回開催の企画展でテーマを決めて展示される。隣接する薬草園では、薬草観察会等のイベントが行われている。

開館状況編集

2020年3月から5月まで新型コロナウイルス感染症流行のため、臨時休館した。2020年6月より開館時間や休館日を変更して再開。イベントの一部や10名以上での団体学(工場見学含む)は休止している。入館時の検温やアンケートが必要。訪問時には式サイトトップページ「What’s New」の最新の「ご来館にあたって」を確認。

通常の開館時間等編集

  • 開館時間:9時~16時30分
  • 休館日:毎週月曜日及び12月28日~1月8日
  • 入館料:無料 (受付で記帳が必要 イベント開催時は不要)
  • 施設
    • 本館:6階建
      • デザインは白川郷合掌造りをモチーフとしている。
      • ロビー、大ホール、小ホール
    • 展示館:2階建
      • 常設展示室、企画展示室
    • 図書館:2階建
      • 書架、閲覧室、書庫、他
    • 薬用植物園
      • 建屋の前面にあり、約600種類が栽培されている。温室で有用植物が栽培されている。
館内に飲食場所は無い。かつて薬膳料理を提供していたが、現在は実施していない。

公共交通機関編集

関連項目編集

外部リンク編集