メインメニューを開く

川島町(かわしまちょう)は、岐阜県羽島郡にあったである。2004年11月1日各務原市へ編入し「各務原市川島○○町」となった。[1]

かわしまちょう
川島町
廃止日 2004年11月1日
廃止理由 編入合併
川島町各務原市
現在の自治体 各務原市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 中部地方東海地方
都道府県 岐阜県
羽島郡
団体コード 21301-2
面積 8.02km2
総人口 10,192
(2004年10月1日)
隣接自治体 岐阜県各務原市、羽島郡笠松町
愛知県江南市一宮市
町の木 クロマツ
町の花 キク
川島町役場
所在地 501-6025
岐阜県羽島郡川島町河田町1040-1
(旧・各務原市川島市民サービスセンター)IMG KAWSHIMA town hall.jpg
座標 北緯35度21分46.8秒
東経136度49分45.1秒
川島町の位置
 表示 ウィキプロジェクト

地理編集

木曽川の中洲にあり、単独の市町村で全域が川に囲まれている全国で唯一の町であった。ただし、西側の一部は笠松町と一宮市。東側の一部は江南市である[2]。中洲の他、北派川の南岸部も町内である。

町内を通る東海北陸自動車道を除くと、岐阜県側からは新境川北派川)を渡る橋(正式名称不明、通称もぐり橋各務原大橋)、愛知県側からは木曽川南派川に架かる渡橋河田橋神明小網橋(旧小網橋)の計5か所しかアクセス道路が無い。

町内には木曽川本流に川島大橋平成川島橋の2本の橋が架けられている。

古くから繊維産業が盛ん。以前は養蚕業、漁業の他、川の石(特に丸い石)を船を使って拾い上げて売るという産業もあった。

市外局番は合併前より愛知県一宮市と同じ0586(一宮MA。市内局番は89)である。合併後もそのままとなっており各務原市の058に統合されていない。かつては郵便番号も483であり一宮系(集配局は江南郵便局)の番号であった。

現在も、電話番号の市外局番が愛知県一宮市等と同じである為、合併以前の各務原市から川島町に固定電話より通話を行うと県外料金が発生する。また同様に、隣接する岐阜県側の会社や商店などで、フリーダイヤルの様な通話料受信者側負担の契約を利用する場合には、この川島町の存在の為に県外からの通話も受ける設定にする必要があるので、地域密着型の狭い範囲の客を対象にする理美容店や八百屋などの場合でも愛知県全域からの通話を受ける契約の形を取らざるを得ない(契約会社による)ことになってしまう。過去には岐阜県でありながら郵便配達は江南市の郵便局が行っていたが、現在も郵便配達担当は各務原市郵便局ではなく、羽島郡笠松町が担当している。

歴史編集

  • 平安以前は尾張国河沼郷と呼ばれていた。
  • 1586年天正14年)6月24日 - 木曽川の洪水により10以上の中洲の島になる。その後、尾張国美濃国の境が変更され、尾張国葉栗郡より、美濃国羽栗郡に変更される。
  • 江戸時代、この地域は旗本坪内氏領(小網島村、松倉村、松原島村、笠田村)と尾張藩領(円城寺村)となっていた。
  • 1874年(明治7年)3月 - 羽栗郡小網島村に各務郡小網村が編入される。
  • 1874年(明治7年)9月 - 小網島村と上中屋村が合併し、上中屋村となる。
  • 1875年(明治8年) -
    • 円城寺村枝村の河田島村が分離独立、河田島村となる。
    • 下中屋村の一部(字伊八島)が松倉村に編入される。
    • 円城寺村の枝村の小屋場島村が栗木村[3]に編入される。
  • 1880年(明治13年)8月 - 上中屋村から旧・小網島村が分離、小網島村となる。
  • 1884年(明治17年)8月 - 羽栗郡小網島村、松倉村、河田島村、松原島村、笠田村の5村が、共同で組合役場を松原島村134番地[4]に設置。
  • 1889年(明治22年)7月1日 - 松倉村、河田島村、笠田村、小網島村、松原島村の5ヶ村が合併し川島村が成立。村役場は組合役場をそのまま利用。
  • 1890年(明治23年)1月 - 円城寺村の字小屋場島[5]、字嘉左エ門島[6]が川島村へ編入される。
  • 1911年(明治44年) - 大字松原島字渡島を松原島渡島分区、大字松原島字嘉左エ門島を松原島北山分区に改称。
  • 1922年(大正11年) - 初代の河田橋が架橋され、隣接町村へ向かう渡船以外の手段が出来る。
  • 1927年(昭和2年) - 村役場を大字河田島1041-1番地[7]に新築移転(木造2階建、敷地面積495㎡、建物面積204.66㎡)。
  • 1945年(昭和20年)7月12日 - 空襲を受ける。数件が全焼、死者1名[8]
  • 1956年(昭和31年)10月1日 - 町制施行により川島町となる。
  • 1970年(昭和45年) - 竹早町[9]を設置。
  • 1972年(昭和47年) - 町役場を河田町1040-1番地に新築移転する(鉄筋4階建、建物の一部は羽島郡広域連合消防本部川島分署[10][11]
  • 1994年(平成6年) - 緑町[12]を設置。
  • 2004年(平成16年)11月1日 - 各務原市に編入。

名前の由来は木曽川の中洲の島ということからという。元々この地域の通称からという説もある。

洪水との戦いと独自の文化編集

安土桃山時代1585年木曽川の大洪水により、この地域に存在した幾つかの村(水田村、ここ島など)は水没。さらに十数個の中洲の島になり、この時から洪水との戦いが始まる。尾張国側には御囲堤が築かれ、美濃国側の堤防は、高さは尾張国より3尺低いとはいえ堤防が築かれた。しかし、この地域の堤防は築くことが制限され、1 - 3尺程度の堤防しか無かった。事実江戸時代には洪水で幾つかの島が消えている。

洪水多発の為、土地は砂地となり、田は殆ど出来なかった(現在も殆ど無い)。この為、江戸時代木曽川での漁業養蚕木曽川の川石(丸石という)の石材業が盛んとなった。明治時代には、織物撚糸業が盛んとなった。

この地域の古い家では、土地を南北に細長くしている事が多い。これは木曽川が東西に流れており、洪水で土地が川になっても、少しでも土地が残るようにしたという、先人の知恵である。又、屋敷は高さ1尺 - 8尺の石垣(ごんぼ積みという)の上に立てられ、1階が住居、2階がの飼育部屋兼洪水時避難場所という造りが多かった。今も各所に見られる。

明治時代 - 大正時代に河川改修が行われ、川島村で幾筋となっていた木曽川は、3つの筋にまとめられることになった。笠田が1つの島として残し、他の集落を1つの島(川島本島)にまとめ、2つの島となった。木曽川は本流、北派川、南派川の3つに分流されたが、本流を本島と笠田島の間とする為に、松原島の分島であった三斗山島を削り取る必要が出てきた。結果、三斗山島の島民は全員移住という事態が生まれた。

中州の島という事もあり、外部の交通手段は渡船のみであった。これは、1922年愛知県葉栗郡浅井町(現・一宮市)との間に初代の河田橋(木製)が架橋されるまで続いた。自動車が村内に入るようになったのは1931年に河田橋がかけなおされた以降である[13]。岐阜県側への直接の交通手段は、実質、1962年川島大橋の完成まで渡船であった[14]。川島大橋完成後も岐阜県側の唯一の橋(新境川のもぐり橋)は大雨などによる増水で度々通行止となり、これの解消は各務原市に編入された後、各務原大橋の完成まで待つ事となった。

昭和の大合併に取り残された川島村編集

昭和の大合併にて、羽島郡中屋村、稲葉郡更木村、前宮村との4村での合併が進められたが、歴史や文化、地域との交流で独自色の強かった川島村は、合併不能村とされ単独の町制施行を行っている(稲羽町を参照)。

昭和の大合併で、合併が計画されながら岐阜県美濃地方で合併不能村とされたのは川島村(川島町)と兼山村(可児郡兼山町:現可児市)の2村のみであった。

行政編集

町長編集

  1. 尾関正爾(唯一の川島町名誉町民、陸軍士官学校42期出身)
  2. 野田知澄
  3. 野田敏雄

教育編集

小学校編集

川島小学校は早くから先進的な試みが行われており、1978年からコンピュータビデオ等、当時としてはかなりハイテクな機器を利用した教育を行っている。
この為、1980年頃にかけて、国内のみならず海外(アジアアメリカ等)からも教育関係者が多数視察に訪れている。この様な流れは今もあり、パソコンのモデル校に選ばれている。

中学校編集

幼稚園・保育園編集

交通編集

バス編集

(2004年10月31日当時)

かつては以下の路線が存在していた

  • 名鉄バス
    • 東一宮駅 - 川島 - 笠田 (川島大橋開通後に笠田まで延長。岐阜バスの川島笠田-川島松倉延長により短期間で廃止)
    • 新一宮駅 - 小網 (現在の宮田線の支線)
    • 新一宮駅 - 渡橋 (現在の光明寺線の支線)
    • 古知野駅 - 川島 - 木曽川駅 - 奥町駅 (渡橋開通後に新設。新一宮駅-渡橋の路線開設により、川島-奥町駅の区間が廃止。残部は現在も運行中。)
  • 岐阜バス
    • 川島松倉 - 笠松駅 (末期は往路のみ)

道路編集

名所・旧跡・観光スポット編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 合併前の地名は「川島町○○町」と町が連続して付くが、後者を“まち”と呼んでいた。
  2. ^ どちらとも河川敷なので人は住んでいない。
  3. ^ 同年、円城寺村に編入。
  4. ^ 西養寺の敷地の一部を借用。現在は川島保育園・幼稚園駐車場の一部(跡地を示す石碑あり)。
  5. ^ 現・各務原市川島笠田町の一部
  6. ^ 現・各務原市川島北山町
  7. ^ 現在は川島小学校の敷地の一部。跡地を示す看板あり。
  8. ^ 当日、愛知県一宮市福井県敦賀市などが空襲を受けており、その爆撃機の一部が焼夷弾を落としたと推測される(各務原空襲を参照)。
  9. ^ 河田町、松倉町、小網町の各一部。エーザイ川島工園の開設に伴うもので、「竹早」はエーザイ本社の地名「小石川竹早町」(現・小石川4丁目)に由来するという。
  10. ^ 建物は各務原市に編入後「川島振興事務所」→「川島市民サービスセンター」として使用された。2016年3月22日に川島市民サービスは新築移転。
  11. ^ 跡地は川島中学校の部室兼体育倉庫、岐阜バス川島小学校前バス停などとなっている。
  12. ^ 河田町、松原町、渡町の各一部。
  13. ^ 当時は木製。鉄筋製の橋になったのは1958年
  14. ^ 笠田地区は昭和初期の河川改修により、河川敷を通って隣接の下羽栗村中屋村へ向かうことが可能であった。

関連項目編集

外部リンク編集