出口 佳努(でぐち かつと、1962年昭和37年)6月23日- )は、日本海上自衛官。第46代佐世保地方総監
1990年代以降、自衛隊将官については防衛大学校出身者が大多数を占め、残りの一般大学出身者についても旧帝国大学出身であることが多い中、いずれにもあてはまらない希有な人物である[1]

出口でぐち 佳努かつと
海上自衛隊出口佳努海将.png
出口海将
生誕 (1962-06-23) 1962年6月23日(59歳)
日本の旗 日本 大阪府
所属組織 Naval Ensign of Japan.svg 海上自衛隊
軍歴 1986年 -2021年
最終階級 JMSDF Vice Admiral insignia (a).svg 海将
テンプレートを表示

略歴編集

大阪府出身。岡山大学を卒業し、海上自衛隊に幹部候補生として入隊。 職種は固定翼航空機P-3C操縦士[要出典]。 入隊後は主に航空隊や海上幕僚監部等で勤務したのち、佐世保地方総監部幕僚長、統合幕僚学校長の要職を歴任し、第41代海上幕僚副長を経て、2020年令和2年)8月25日付けで第46代佐世保地方総監に任命された。[2]

年譜編集

出典編集

  • 防衛省人事発令(2008~2010 1佐人事)(2011~2016将補人事) (2016~2020将人事)

脚注編集

  1. ^ 1980年代前半までの将官は、大半が旧日本軍出身者あるいは内務官僚警察官僚)からの転官者[要出典]であった。 1980年代の一時期、旧軍出身者等が定年退官を迎える一方で、防衛大学校出身者は将官に任用される年次に達していなかったため、その間を埋める存在として一般大学出身者が将官に任用された。
  2. ^ 防衛省発令(将人事)(2020年8月25日付)
先代:
中尾剛久
佐世保地方総監
第46代:2020年-2021年
次代:
西成人
先代:
山村浩
海上幕僚副長
第41代:2019年 -2020年
次代:
西成人