メインメニューを開く

切替 徹(きりかえ とおる、1947年3月3日 - )は、日本実業家。1974年フェラーリ車の販売、整備、パーツを取り扱う株式会社レーシングサービスデイノを設立。同社代表取締役社長。高校生から始めた空手道では、20代の時、土浦市にて道場長として門下生の指導に励む。 現在でも続けていて、日々鍛錬している[1]。会社名の由来は、当時所有していた愛車ディーノ246GTと同じ。その当時、外国車販売店が少ない時代に日本初のフェラーリ専門店でもある。ディーノ246GTから数車種を経て365GT/4ベルリネッタ・ボクサーを40年乗り続けている。また2003年にフェラーリモディファイパーツ「RSD」ブランドを立ち上げ、F355berlinetta、360modena、Challenge Stradale、F430、430SCUDERIAのパーツを制作し、現在に至る[2]

きりかえ とおる
切替 徹
切替徹人物画像.jpg
生誕 (1947-03-03) 1947年3月3日(72歳)
国籍 日本の旗 日本
職業 実業家
肩書き レーシングサービスデイノ代表取締役社長
公式サイト 株式会社レーシングサービスデイノ

略歴編集

日本で初めて、フェラーリオーナーだけをメンバーとするオーナーズクラブ「フェラーリクラブジャパン」を1982年に設立し、30年間初代会長を務めた[3]。会長を退いた後は、スーパーカーブームのころから所有し続けている365GT/4ベルリネッタ・ボクサー(BB)への愛情から、BBオーナーだけのBBclubを2007年に立ち上げる。1995年から日本でも始まったフェラーリの輸入代理店のコーンズが主宰した「チャレンジレース」に出場。

レースマシンの348チャレンジ、F355チャレンジ、360チャレンジと乗り継ぎ、2001年まで出場し、1999年から3年連続チャレンジでシリーズチャンピオンを獲得。筑波サーキットP-FRクラスのコースレコード(1分05秒297)を持ち、現在でもサーキット走行を続けている[4]。また、漫画『サーキットの狼』の登場人物のモデルにされる[5]など、日本の自動車関連業界で知名度がある。

スーパーカーブーム真っ直中の1977年には、テレビ朝日系列の特撮番組『ジャッカー電撃隊』で、スーパーカーを取り上げた第7・14話に本人役でゲスト出演した。その他、同じ頃東京12チャンネルで放送されたスーパーカーを主題としたクイズ番組『対決!スーパーカークイズ』にもゲスト出演し、後にテレビ東京の特番『テレビ東京52年分の映像大放出!モヤモヤ映像廃棄センター〜こんなVTR新社屋に持って行けません〜』で、VTRが残ってないことが判明し、切替がテレビ東京に映像を提供して放送された[6]

1990年に発売されたビデオ『320km激走 フェラーリF40』の中で、常磐自動車道フェラーリ・F40で推定300km/h以上の速度で走行したが、後日そのビデオが物証となって警察に逮捕されてしまったことがある[7]。切替によれば、元々はいわゆる「谷田部」(日本自動車研究所の旧テストコース)でのテスト走行をビデオに収録する予定だったが、同コースでは280km/h程度の速度しか出ず、「これでは商品にならない」として常磐道でアタックすることになったという[7]。物証がビデオだけのため、警察の取り調べに対し容疑を否認すれば有罪にならなかった可能性もあったが、切替は「速度超過したのは事実」として素直に容疑を認めた[7]

テレビ出演編集

著書編集

  • フェラーリを診断する ― 世界最速のクルマの魅力(コスモポリタン)1985年12月発刊
  • スポーツカーを診断する ― 誰も教えてくれなかった(文園社)1988年9月発刊
  • スポーツカーの世界:フェラーリと華麗なるライバルたち (22世紀アート) 2019年8月6日発刊

ディスコグラフィ編集

その他メディア掲載編集

  • フェラーリF355 vs 348(イメージファクトリーアイエム)1996年発刊
  • F355 vs 360モデナ(北斗通商㈱)2000年9月発刊
  • ベストモータリングDVD(講談社)2009年4月発刊
  • バトルオブフェラーリ ブルーレイ(講談社)2009年10月発刊
  • ベストモータリングDVD(講談社)2009年12月発刊
  • ベストモータリングDVD(講談社)2011年1月発刊
  • ベストモータリングDVD(講談社)2011年3月発刊
  • ベストモータリングDVD(講談社)2011年5月発刊
  • モーターヘッド Vol.10 (三栄書房)2013年12月発刊
  • NAVI CARS Vol.14(株式会社ボイス・パブリケーション)2014年発刊
  • 究極のフェラーリ スーパー DVD BOOK(宝島社)2015年10月発刊
  • 最強のフェラーリ PRECIOUS DVD BOOK(宝島社)2016年3月発刊
  • ミウラとカウンタック(徳間書店 2016年6月発刊
  • 昭和のスーパーカー(笠倉出版社)2016年9月発刊
  • モーターヘッド フェラーリブック(三栄書房)2016年12月発刊
  • 蘇るスーパーカー(株式会社マガジンボックス)2016年2月25日発刊
  • 常陸人(読売新聞)2017年2月26日号
  • 世界のスーパーカー図鑑 (株)スタジオタッククリエイティブ 2018年12月発刊
  • スクーデリア124号(株)ネコ、パブリッシング 2019年1月発刊

脚注編集

  1. ^ フェラーリを診断する ― 世界最速のクルマの魅力(コスモポリタン)1985年12月発刊 13ページ
  2. ^ 茨城の一流店大図鑑2013/2014/2015
  3. ^ フェラーリクラブジャパンについて - フェラーリクラブジャパン公式サイト
  4. ^ 究極のフェラーリ スーパーDVD BOOK (2015年10月1日、宝島社DVD BOOKシリーズ)
  5. ^ おぎやはぎの愛車遍歴 NO CAR,NO LIFE!#11 池沢早人師 - BS日テレ
  6. ^ [モヤモヤ映像廃棄センター 【こんなVTR新社屋に持っていけません】 ]の番組概要ページ - gooテレビ番組(関東版)”. goo. 2016年5月3日閲覧。
  7. ^ a b c 過去最高速度超過で逮捕「235キロ暴走男」に“伝説の最速王”がダメ出し - 東京スポーツ・2018年3月2日

外部リンク編集