メインメニューを開く

刑事・野呂盆六』(けいじ・のろぼんろく)は長坂秀佳原作脚本テレビドラマシリーズである。

単なるオジサンの風貌ながら実は切れ者な、警視庁捜査一課の刑事の活躍を刑事コロンボのタッチで描いている。

概要編集

TBS版
刑事・野呂盆六』(TBS国際放映製作)としてTBS系の「月曜ドラマスペシャル」で1993年1994年に2本が放送された。
テレビ朝日版
その後10年以上の中断期を経て、2007年に『天才刑事・野呂盆六』(ABC松竹製作)としてテレビ朝日系の「土曜ワイド劇場」で復活。徐々に倒叙のコロンボスタイルからは乖離したテイストにシフトはしていくものの、独創的なミステリ手法に拘りを持たせたシリーズとして同枠の看板作品になりつつある。

主役の野呂盆六はTBS、ABC共に一貫して橋爪功が演じている。橋爪本人は、刑事コロンボ旧シリーズ「第三の終章」で、殺人の実行犯となる共犯者の吹き替えを担当した経験を持つ。

刑事・野呂盆六(月曜ドラマスペシャル)編集

刑事・野呂盆六
ジャンル 刑事ドラマ
原作 長坂秀佳
脚本 長坂秀佳
監督 長尾啓司
出演者 橋爪功
制作 TBS
国際放映
放送
音声形式 ステレオ放送
放送国・地域   日本
放送期間 1993年12月13日 - 1994年11月21日
放送時間 月曜日21:00 - 22:54
放送枠 月曜ドラマスペシャル
放送分 114分
回数 2
テンプレートを表示

キャスト編集

主人公編集

ゲスト編集

第1作(1993年) 「完全犯罪の女」
第2作(1994年) 「殺意のマリア」

スタッフ編集

放送日程編集

話数 放送日 サブタイトル 脚本 監督
1 1993年12月13日 完全犯罪の女 長坂秀佳 長尾啓司
2 1994年11月21日 殺意のマリア

天才刑事・野呂盆六(土曜ワイド劇場)編集

テレビ朝日系列2時間ドラマ土曜ワイド劇場」にて2007年から2015年まで放映。

関連作品編集

小説『浅草エノケン一座の嵐』 長坂秀佳 著

この作品にも刑事・野呂盆六が登場し、ドラマの「野呂盆六」はこの小説の「野呂盆六」の娘「早矢子」の子で祖父の名を貰ったという設定が存在する。
ドラマでも長坂自ら、『完全犯罪の女』で「野呂盆六の祖父も刑事で野呂盆六という名前だった」というくだり、および『母という名の罠』で「盆六が女優の朝霧早矢子のファンなのは母親と同じ名前だから」というくだりをシナリオに盛り込み、『エノケン』と『野呂盆六』の世界観の繋がりを示している。しかし、この二つの場面はドラマ本編では共にカットされている。[1]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 『刑事マガジンvol.8』辰巳出版、2009年10月20日発売、11月30日発行 ISBN 9784777807130(長坂秀佳 インタビュー)参照。

外部リンク編集