メインメニューを開く
テレビドラマ > 2時間ドラマ

2時間ドラマ(にじかんドラマ)とは、日本におけるテレビドラマ放送の一形態である。一般にはゴールデンタイムプライムタイムである21時から23時ごろまで(一部20時ごろから22時ごろまで)の2時間程度にわたって放送される、中高年層向けの単発ドラマを指す。内容はサスペンスドラマやミステリードラマが多く、「2時間サスペンス」とも呼ばれる[1]。基本的にはレギュラーの番組枠で放送される。

概要編集

2時間ドラマとして描かれる作品の多くの当初が、冤罪となった人物の家族が無実を証明しようと奔走する話や、犯人を主人公とした話が多かった。後に弁護士や検事を主人公としたドラマが制作されるようになる。平成に入ってからは特定の刑事を主人公にした、「刑事ドラマ」の延長線上にある作品や、元刑事や普通の民間人が探偵活動に走るといった作品が主流となる。作品の舞台は東京都京都府が中心だが、それ以外の地方(特に温泉地)が舞台になった作品も多い。小説を原作とした作品も多く、主に松本清張山村美紗森村誠一西村京太郎内田康夫といった作家の小説が起用された。

日本においては、アメリカ合衆国のテレビ用長時間映画であるテレフィーチャーを意識したテレビ朝日系列の『土曜ワイド劇場』が先駆けとなり(もっとも、同番組は開始当初は90分枠だった)、1980年代以降、民間放送各局が競って制作を開始した。基本的に1回の放送でストーリーは完結するが、同じ登場人物と設定による人気シリーズとなった作品は多い。中高年の主婦層を中心とした固定ファンと視聴習慣を獲得しており、船越英一郎片平なぎさ山村紅葉ら2時間ドラマを中心に活躍する俳優を生み出した。また、実質放映時間90分強(90分枠の場合は70分強)で1話完結という形式は劇場映画に近似しており、特に初期はかつて映画界でプログラムピクチャーを多く手掛けた人材が監督や脚本家として登場しており、これらのスタッフには2010年代以降も第一線で活躍するものもいる。

主な視聴者層が中高年の主婦であることから、児童や生徒が家庭内にいない平日の昼間に再放送されることも少なくない。ただし、劇中で現在好ましくない差別用語が使用されていたり、過激な性描写・暴力表現がある1970 - 1980年代に制作された作品の再放送は敬遠される傾向にある(それらの時代の作品は一部地上波独立UHF局及び有料のCS放送等で放映されている)。現在、主に1990 - 2000年代に放送された人気シリーズの作品か、2000年代以降に放送された単発の作品が主流である。まれに80年代後半(昭和60年 - 平成元年)の作品を放送することもある。それでも、再放送も児童生徒が見ていることも配慮し、目に触れやすい平日の昼・夕方から深夜にシフトした例もある。また、1時間物の連続ドラマ(×2作品)に切り替えたり、バラエティ番組の再放送やテレビアニメ、もしくは情報番組の放送に切り替える局も出てきている。

日曜日のプライムタイムに2時間ドラマのレギュラー放送枠が設けられた例はないが、テレビ東京とBSジャパン(現・BSテレビ東京)(2000年12月開局)が共同で制作していたサスペンス作品が、BSジャパンの日曜21時枠で定時放送(開始から約7年間は対地上波比でBSが3日先行)されていた時期もある。日曜日のプライムタイムには『東芝日曜劇場』や『花王名人劇場』など1時間の単発ドラマ枠が主流であった(ただし東芝日曜劇場については、当時低迷していた『月曜ドラマスペシャル』との枠交換として2時間ドラマ枠化の計画はあったが、結局実現しなかった)。

NHKがこのようなサスペンスやミステリー系2時間ドラマをレギュラー枠で制作・放送した例も、今のところない。ただし、土曜ドラマなどの断続枠、または単発枠などでは松本清張シリーズ、サスペンスシリーズ、SFシリーズなどと銘打って盛んに推理・サスペンス・SFを取り上げている。

他のテレビドラマに比べ撮影終了から放送日の間隔が長いことが多く、1年以上を要することもある。そのため、出演者がオンエア時には逝去しているにもかかわらず出演している[2]ことや、作中での季節(撮影中の季節)と放送日の季節が合わないこともある。このほか誘拐や災害など現実の事件とシンクロしてしまったり、出演者の不祥事、編成上の都合(前述の災害における報道特別番組やスポーツ中継など)で放送の時期を逸し、撮影済みにもかかわらずお蔵入りになることもある[3]。また主演級の俳優が亡くなった直後は、追悼企画として撮影済みで放送待ちの主演最新作を繰り上げて放送[4]したり、別の作品を差し替えてアンコール放送する場合もある。

現状編集

1990年代半ばまでは、週に8本の枠がある活況を示していたが、2005年以降はバラエティ、映画を含めた総合特番枠へのリニューアル、あるいは2時間ドラマ枠の廃止などが進んでいる。2005年9月に『火曜サスペンス劇場』(日本テレビ)が終了。その後も各局が追随し、フジテレビは『金曜プレステージ』以降は不定期放送に転換を経て、2019年10月から既存の『土曜プレミアム』に吸収統合されて消滅。2017年3月にはテレビ東京が『水曜エンタ』終了によりレギュラー放送から撤退。同月にテレビ朝日も『土曜プライム』枠を廃止し、以降は『日曜ワイド』→『日曜プライム』および『ミステリースペシャル』枠での放送となる。また、これらに伴い各局とも2時間ドラマの制作本数が漸減している。

2019年3月をもって、通常編成での2時間サスペンスドラマ専用枠であったTBSテレビの『月曜名作劇場』が終了[5]。地上波民放のゴールデンタイムから2時間ドラマ専用枠が消滅した。

2時間ドラマの本数減少については、かつては気軽に旅行へ出掛けられない主婦層をターゲットに地方の観光地を舞台にした旅情ものがヒット[6]、流行を取り入れた時代の先端を行くジャンルでもあったが、バブル景気の頃になるとトレンディドラマがそれにとって代わられるようになり枠が縮小[7]、連続ドラマで事件解決ものが増え、同ジャンルの希少価値が減って視聴者も目が肥え、他作品との類似や犯人が早めにわかるなどの指摘にテレビ局が悩まされたことや、1時間ドラマの製作を優先し、2時間ドラマ発の作品は連ドラのパイロット版的の立ち位置に格下げ[8][9]、視聴者層が50代以上が中心なため、広告主は消費行動がより多いその下の世代の視聴者が中心の連続ドラマに出稿する方が価値があるとみる動きや[10]、視聴者がリアルタイムより録画やSNSをやりながら見ることが増え、1時間ドラマも集中して見てもらえない、コンプライアンスの観点から性的なシーンや残虐シーンを描けなくなった[7][11]、地方での収録も多いため製作期間と拘束時間が長いうえ出演者のギャランティも高く、費用が半分以下で収録が1日で終わるバラエティ番組に枠を奪われるコスト面の問題[12][6]、視聴率低迷により落ち目の役者が出演するドラマとみられるようになり、人気俳優が出演を敬遠するようになったなど、数多くの理由が挙げられている[6]

これらに対してアメリカのように背景をCGにすれば費用を抑えられたり[7]、前述したミステリー作家が鬼籍に入り、新たな作家の発掘に消極的になったこと、船越英一郎、片平なぎさなどの後継が育成されなかったこと、各局全体で枠を守ろうとする姿勢が見られなかったなど、制作サイドのスタンスに対する指摘も見られる[13][14]

一方で断崖絶壁での犯人明かしや京都・温泉での殺人といった定番も作り上げ、衣輪晋一は漫画『土曜ワイド殺人事件』や連続ドラマ『特命係長 只野仁』のようにパロディ化されるほど浸透、コアなファン向けドラマだったのがネタとしての楽しみ方も加わり広い層が親しめるように変化、2時間ドラマでしか見ないような役者が幅広く活躍するようになり、実力派であると再認識され視聴者の評価も変わった側面もあるとしている[15]

2時間ドラマ枠編集

現在編集

2018年4月8日開始。純粋な2時間ドラマ枠ではなく、映画ものの作品の放送週を含む総合単発枠。なお、2018年12月以前は一部の単発スペシャルのバラエティ番組(例・「ビートたけしのTVタックル 2時間SP」、「とんねるずのスポーツ王は俺だ!!(夏季版)」等)も放送されていた。

過去編集

脚注編集

  1. ^ おとなの2時間サスペンス”. 日本映画専門チャンネル. 2019年7月11日閲覧。
  2. ^ 一例では、鈴木ヒロミツは2007年3月14日に死去したが、2009年5月23日に放送された『女警察署長』に出演しており(収録は2006年)、遺作が逝去から2年後に放送されたことになる。
  3. ^ 一例では、『銀色の恋文』は1994年に放送予定だったが、編成上の都合で放送されず、主演の森繁久彌が死去した2009年11月14日、制作から15年後にようやく放送された(関東ローカルのみ)。
  4. ^ 藤田まこと主演の『京都殺人案内』や地井武男主演の『大崎郁三の事件散歩』など。
  5. ^ TBS2時間ドラマ枠「月曜名作劇場」3月で終了”. 日刊スポーツ (2019年1月31日). 2019年1月31日閲覧。
  6. ^ a b c 消える2時間ドラマ。最盛期の月30本からわずか2本に。パターン化による視聴者離れと制作費が要因(2)”. ハーバードビジネスオンライン (2019年1月31日). 2019年9月18日閲覧。
  7. ^ a b c 2時間ドラマ崖越えた 地上波の枠消滅”. 東京新聞 (2019年4月13日). 2019年9月18日閲覧。
  8. ^ 2時間ドラマが絶滅の危機 事件解決モノ連ドラ急増も影響か(3)”. NEWSポストセブン (2017年1月26日). 2019年3月1日閲覧。
  9. ^ 消える2時間ドラマ。最盛期の月30本からわずか2本に。パターン化による視聴者離れと制作費が要因(1)”. ハーバードビジネスオンライン (2019年6月22日). 2019年9月18日閲覧。
  10. ^ 2時間ドラマ栄枯盛衰 視聴率低迷、消える放送枠 シニア層狙いBSへ”. 産経新聞 (2017年5月30日). 2019年3月1日閲覧。
  11. ^ 2時間ドラマが絶滅の危機 事件解決モノ連ドラ急増も影響か(4)”. NEWSポストセブン (2017年1月26日). 2019年3月1日閲覧。
  12. ^ 2時間ドラマが消える理由…最後の砦のTBSもついに終了”. 女性自身 (2019年1月31日). 2019年3月1日閲覧。
  13. ^ 2時間ドラマが絶滅の危機 事件解決モノ連ドラ急増も影響か(5)”. NEWSポストセブン (2017年1月26日). 2019年3月1日閲覧。
  14. ^ 崖っぷち2時間ドラマ、帝王船越英一郎の直訴が熱い”. 日刊スポーツ (2017年5月15日). 2019年3月1日閲覧。
  15. ^ “夜の2時間ドラマ”が終焉 エンタテインメントシーンにおける功績とは?”. オリコン (2017年2月26日). 2019年9月18日閲覧。