前田 知洋(まえだ ともひろ、1965年11月10日 - )は、東京都品川区生まれのプロマジシャン東京電機大学工学部電気通信工学科(現情報通信工学科)卒。日本奇術協会クロースアップ委員長。

人物・経歴編集

クロースアップ・マジシャンである。また、パーラー・マジック(サロン・マジック)もこなす。『アンビシャスカード』[1]を好んで演じる。

小中学生時代:東京都品川区大井2丁目在住。品川区立山中小学校品川区立伊藤中学校に通っていた。

1988年、大学卒業後に留学していたアメリカのロサンゼルスでアカデミィ・オブ・マジカルアーツのオーディションに合格。世界的に有名なマジック専門会員制クラブ「マジックキャッスル MAGIC CASTLE」に日本人最年少で出演。

帰国後は、当時東洋最大規模を誇ったレストラン「タイクーン」にて2000万円の専属マジシャン契約を結ぶ。

その後「マジック界のオリンピック」とも言われる、FISM1994年横浜大会ゲストや1997年ドレスデン大会へ出演。また、1990年には優れたマジシャンへ贈られる厚川昌男賞泡坂妻夫)を受賞している。

1996年、テレビドラマ『古畑任三郎』第21回「魔術師の選択」(2月28日放送、 フジテレビ)でマジック・アドバイザーを務める。

2002年には日本のマジック愛好家の投票で「その年最も活躍したマジシャン」に贈られる第一回マジシャン・オブ・ザ・イヤー(ジャパン・カップ)を受賞した。

2003年はアメリカの歴史あるマジック専門雑誌『GENII』の表紙や特集を組まれるなど、世界的な知名度は高い。

2005年には、再びジャパン・カップのベスト・クロースアップ・マジシャン賞を受賞した。

2004年には『スーパーテレビ特別版』『ザ!世界仰天ニュース』(ともに日本テレビ)などへ出演した。

また、アメリカ留学前にナポレオンズのアシスタントをしていたこともある。

2004年に、世界最大のアメリカトランプメーカーU.Sプレイング・カード社に依頼して、専用のトランプ「Tomohiro Maeda MODEL TALLY-HO GOLD FRAME」を製造する。既存のデザイン変更が行われている。

基本的に初めてマジックを見せる相手には、新しいトランプを使う[2]。理由は、トランプを並べた際に順番がキレイに揃っているため、イカサマでは無い(仕掛けのあるカードを使っていない)ことを相手に証明できるからである。

マジック専門書への寄稿や挿絵の担当、翻訳も多い。

2006年11月25日に、CASIOとのコラボレーションで誕生したマジックのできる腕時計マジックウォッチ(カーラーはゴールドとシルバーの二色)が発売となる。時計に内蔵されたマジックの数は5種類となっている。

2007年8月~9月に宝塚歌劇団月組で上演されたミュージカル『マジシャンの憂鬱』で、マジック指導をつとめた。

2013年に松旭斎 天一賞。

書籍・DVD編集

著書編集

  • 「超あやしいマジック入門」(ポプラ社、2001年)
  • 「へなちょこマジック大作戦」(ポプラ社、2004年)
  • 「知的な距離感」(かんき出版、2007年)
  • 「人を動かす秘密のことば」(日本実業出版社、2007年)
  • 「新入社員に送る一冊 第7版」共著(日本経団連出版、2011年)
  • 「前田知洋の女性のためのマジックレッスン」(東京堂出版、2014年)

対談集編集

DVD編集

  • 「スーパークロースアップマジック 前田知洋 奇跡の指先」(バップ、2004年)
  • 「スーパークロースアップマジック 前田知洋 プライベートレッスン」(バップ、2006年)
  • 「クロースアップマジシャン 前田知洋 騙されたい脳〜マジックの快楽」(バップ、2008年)

魔法の扉シリーズ編集

発売:マツイ・ゲーミング・マシン

  • 「魔法の扉 第1弾」
    • カードマジック7種、タリホー・ゴールドフレーム、ポストカード
  • 「魔法の扉 第2弾」
    • カードマジック5種、タリホー・ミニ
  • 「魔法の扉 第3弾 Magic with Life」
    • カードマジック3種+上達ポイント解説、タリホー・プラチナム、タリホー・カスタムシール

通販編集

発売:カタログハウス

  • 「前田知洋のマジックDVDボックス」
    • DVD、前田モデルオリジナルトランプ2個(マイカレッド、マイカブルー)

関連項目編集

参考文献編集

  • 『超あやしいマジック入門』(ポプラ社)
  • 『へなちょこマジック大作戦』(ポプラ社)
  • 『クラシック・マジック事典2』松田道弘著(東京堂出版)
  • 『Five Times Five』Kaufman and Greenberg(全文英語)
  • 『New Magic of Japan』Kaufman and Greenberg(全文英語)

脚注編集

  1. ^ 指を鳴らすと、デックの中程に入れた客のカードがデックの一番上に上がってくるマジック。詳細はカードマジックを参照。
  2. ^ 「対談 マジシャン登場」『ザ・マジック Vol.64』 東京堂出版、2005年、5頁。

外部リンク編集

メールマガジン
Webマガジン
インタビュー