メインメニューを開く

剣岳 吉五郎(つるぎだけ きちごろう、1896年1月1日 - 1950年4月19日)は、1920年代大相撲力士である。本名は五十里吉次郎。身長174cm、体重94kg[1]

目次

経歴編集

富山県富山市出身。立浪部屋に入門し、1916年1月場所に初土俵を踏む。新十両が1925年5月場所、新入幕が1927年5月場所と、昇進のスピードは緩やかだったが、1928年には、大関大ノ里萬助常陸岩英太郎からも勝ち星を挙げたり、新進気鋭の武蔵山武にも初顔から連勝したりと、時折存在感を示した[1]。その風格について「古武士」と評されたこともある。

右四つからの寄り、蹴返しなどを持ち味とした取り口であった[1]

1932年1月場所の番付では、東前頭16枚目に位置していたが、その場所前に起きた春秋園事件で、協会を脱退[2][1]天竜三郎たちと行動を共にし、以後相撲協会には復帰しなかった。最高位は東前頭2枚目だった。関西では、1936年、40歳まで現役にあった。

成績編集

  • 幕内在位 18場所
  • 幕内成績 62勝123敗2休

場所別成績編集

剣岳吉五郎
春場所 三月場所 夏場所 秋場所
1916年
(大正5年)
(前相撲) x 新序
3–0 
x
1917年
(大正6年)
西序ノ口6枚目
4–1 
x 東序二段70枚目
3–1
1預
 
x
1918年
(大正7年)
東序二段12枚目
4–0
1預
 
x 東三段目29枚目
1–1
1預
 
x
1919年
(大正8年)
東三段目16枚目
2–3 
x 東三段目24枚目
2–2
1預
 
x
1920年
(大正9年)
西三段目15枚目
3–2 
x 東三段目筆頭
3–2 
x
1921年
(大正10年)
東幕下39枚目
3–2 
x 西幕下25枚目
2–3 
x
1922年
(大正11年)
東幕下29枚目
1–2 
x 西幕下41枚目
1–4 
x
1923年
(大正12年)
西三段目19枚目
8–2 
x 西幕下28枚目
4–2 
x
1924年
(大正13年)
西幕下7枚目
0–0–5 
x 西幕下27枚目
4–2 
x
1925年
(大正14年)
西幕下11枚目
5–1 
x 西十両10枚目
2–4 
x
1926年
(大正15年)
東十両15枚目
4–2 
x 東十両8枚目
5–1 
x
1927年
(昭和2年)
東十両2枚目
6–3 
東十両2枚目
5–6 
東前頭14枚目
7–4 
東十両5枚目
7–4 
1928年
(昭和3年)
西前頭5枚目
7–4 
東前頭14枚目
2–9 
東前頭2枚目
3–6–2 
東前頭2枚目
3–8 
1929年
(昭和4年)
西前頭6枚目
2–9 
西前頭6枚目
0–11 
西前頭12枚目
5–6 
西前頭12枚目
5–6 
1930年
(昭和5年)
西前頭8枚目
1–10 
西前頭8枚目
5–6 
西前頭11枚目
5–6 
西前頭11枚目
7–4 
1931年
(昭和6年)
東前頭6枚目
2–9 
東前頭6枚目
2–9 
西前頭12枚目
3–8 
西前頭12枚目
3–8 
1932年
(昭和7年)
東前頭16枚目
 
x x x
各欄の数字は、「勝ち-負け-休場」を示す。    優勝 引退 休場 十両 幕下
三賞=敢闘賞、=殊勲賞、=技能賞     その他:=金星
番付階級幕内 - 十両 - 幕下 - 三段目 - 序二段 - 序ノ口
幕内序列横綱 - 大関 - 関脇 - 小結 - 前頭(「#数字」は各位内の序列)

改名編集

  • 二上山(1916年1月 - 1916年5月)
  • 立ノ山(1917年1月 - 1921年1月)
  • 劔 山(1921年5月 - 1925年5月)[3][4]
  • 劔 嶽(1926年1月 - 1926年5月)
  • 劔 岳(1927年1月 - 1932年1月)[5]

出典編集

  1. ^ a b c d ベースボールマガジン社『大相撲名門列伝シリーズ(4) 立浪部屋』p25
  2. ^ ベースボールマガジン社『大相撲名門列伝シリーズ(4) 立浪部屋』p9
  3. ^ 大正14年5月場所[1]
  4. ^ 大相撲力士名鑑平成13年版75P、水野尚文、京須利敏、共同通信社、2000年、ISBN 978-4764104709
  5. ^ 劔岳吉五郎[2]