メインメニューを開く
副島千八

副島 千八(そえじま せんぱち、1881年明治14年)8月15日[1] - 1954年昭和29年)2月15日[1])は、日本の官僚農林大臣従三位勲二等

略歴編集

佐賀中学校(旧制)から郁文館中学校に転校。第一高等学校に進学し、東京帝国大学法科大学を卒業した。

農商務省に入省し、農政課長、食糧局長、製鉄所次長、鉱山局長を歴任した。1925年大正14年)に農商務省が商工省と農林省に分割されると商工省商務局長に就任し、関税率改正準備委員会[2]臨時港湾調査会[3]、国産振興委員会委員[4]、関税常設委員会[5]、損害保険制度調査委員会[6]、不当廉売審査委員会[7]などの委員を務めた。

退官後は大阪株式取引所理事長、東京株式取引所理事長、日本証券取引所総裁を歴任した。

1946年(昭和21年)1月に幣原内閣で農林大臣に就任し、5月の総辞職まで務めた。1946年(昭和21年)6月5日、貴族院議員に勅任され[8]1947年5月2日の貴族院廃止まで在任した。

脚注編集

参考文献編集

  • 貴族院事務局『貴族院要覧(丙) 昭和21年12月増訂』、1946年。
  • 戦前期官僚制研究会編『戦前期日本官僚制の制度・組織・人事』東京大学出版会、1981年。


先代:
松村謙三
農林大臣
3代:1946
次代:
和田博雄