メインメニューを開く

加藤 昭男(かとう あきお、1927年6月16日 - 2015年4月30日)は、愛知県瀬戸市出身の日本彫刻家武蔵野美術大学名誉教授。新制作協会会員。旭日小綬章受章。

父は日展特選受賞作家の加藤華仙、兄は蛙目粘土原料採掘・精製技術開発で知られる加藤政良、岳父は二科会会長などを歴任した洋画家北川民次

略歴編集

主な作品編集

その他、全国各地の美術館等に作品収蔵。また、北海道から九州に至る全国各地に野外彫刻として、数多くの作品が展示されている。特に東京都内には多くの作品が展示されており、都立大井ふ頭中央海浜公園(品川区)、池袋西口公園(豊島区)などの公園から二子玉川高島屋(世田谷区)など人々の多く集まる商業施設まで、随所で人々に愛されている。

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ 彫刻家の加藤昭男さん死去 朝日新聞 2015年5月7日

外部リンク編集