メインメニューを開く

加藤 正治(かとう まさはる、1871年4月29日明治4年3月10日) - 1952年昭和27年)3月16日)は、日本法学者東京大学名誉教授。第11代中央大学学長、初代総長[1]日本郵船副社長加藤正義の養子になった。旧姓平林。

かとうまさはる
加藤正治
Kato Masaharu.jpg
生誕 平林正治
1871年4月29日明治4年3月10日
死没 1952年昭和27年)3月16日
出身校 東京帝国大学英法科
職業 法学者
肩書き 東京大学名誉教授中央大学学長総長
子供 長男、次男、次女。正隆、正泰、泰子。
義父:加藤正義

目次

経歴編集

栄典編集

人物編集

趣味は俳句俳画茶道。俳号の犀水は、犀川に由来。松本市城山公園には頌徳碑があるほか、句碑が多数残る[5]。母校旧制中学の同窓会長や長野県人連合会長も務めた。大正6年、澤柳政太郎を総裁、加藤を副総裁として財団法人「日本アルプス会」が結成された。なお、弟子には商法学者の森清(中央大学名誉教授)がいた

松本高校誘致運動編集

1917年大正6年)の高等学校旧制松本高校誘致運動では、横田秀雄田中穂積らと連署で「高等学校設立建白書」を政府に提出し、松本への高等学校誘致に努めた[5]

家族・親族編集

頌徳展編集

生地の東筑摩郡生坂村では、これまであまり知られていない存在だった。そこで、村教育委員会では、2012年7月下旬に、加藤の「頌徳展」を初めて企画し、準備を進めている。同村上生坂には生家が残っており、そこで発見された資料その他を、村内の農村資料館で展示することになっている[5]

主著編集

  • 『破産法研究 第1~11巻』(有斐閣、1912~1953年)
  • 『民事訴訟法要論〔新訂版〕』(有斐閣、1952年)
  • 『破産法要論〔新訂増補〕』(有斐閣、1950年)
  • 『強制執行法要論』(有斐閣、1935年)
  • 『和議法要論』(有斐閣、1935年)
  • 『海商法講義』(有斐閣、1925年)
  • 『民事訴訟法判例批評集 第1巻』(有斐閣、1926年)
  • 『民事訴訟法判例批評集 第2巻』(有斐閣、1927年)

脚注編集

  1. ^ 中央大学初代総長「加藤正治(犀水)先生」句碑除幕式並びに顕彰会総会が長野県東筑摩郡生坂村において開催されました
  2. ^ 『官報』第3559号「叙任及辞令」1924年7月4日。
  3. ^ 『官報』第290号「叙任及辞令」1927年12月15日。
  4. ^ 『官報』第1317号「叙任及辞令」1931年5月23日。
  5. ^ a b c 信濃毎日新聞2012年6月20日号25面

参考文献編集

  • 『第十六版人事興信録(上)』1951年 か10
先代:
林頼三郎
中央大学学長
1948年 - 1949年
次代:
片山金章
先代:
中央大学総長
1949年 - 1952年
次代: