メインメニューを開く
加藤泰興像(如法寺蔵)

加藤 泰興(かとう やすおき、慶長16年(1611年) - 延宝5年閏12月16日1678年2月7日))は、伊予大洲藩の第2代藩主。

初代藩主・加藤貞泰の長男。母は小出吉政の娘・法眼院。正室は岡部長盛の娘・吉。継室は戸沢政盛の娘・伊勢。子に泰義(長男)、泰堅(次男)、泰茂(三男)、娘(加藤光信室)、娘(大橋重義室)、娘(松浦昌正室)。官位は従五位下、出羽守。槍術の達人で加藤家伝流槍術の開祖。

概要編集

慶長16年(1611年)、当時米子藩主であった加藤貞泰の居所、米子にて生まれる。元和9年(1623年)、父の死去により跡を継ぐ。このときに弟の加藤直泰への1万石分与の内諾を得た。元和10年(1624年)に出羽守に補任される。家臣団編成や軍備強化など、藩政の確立と強化に尽力した。また、大坂城江戸城の改修、仙洞御所の普請工事、蒲生忠知伊予松山藩改易生駒高俊讃岐高松藩)改易、山崎治頼(讃岐丸亀藩)改易による城の在番などの公役をよく務めている。盤珪永琢に教えを受け、寛文7年(1667年)に福田寺を創建し、山林を寄進した。

また、備中足守藩主・木下利当より淡路流槍術を学び、加藤家伝流を開き、槍遣いの達人と称された。

延宝2年(1674年)2月25日、嫡孫の泰恒に家督を譲って隠居し、剃髪して月窓と号した。延宝5年(1677年)閏12月16日に死去した。享年67。法号は円明院殿月窓信大居士。墓所は愛媛県大洲市柚木の冨士山如法寺。