メインメニューを開く

松浦昌

江戸時代前期から中期の大名。平戸新田藩初代藩主

松浦 昌(まつら まさし、慶安4年10月18日1651年11月30日) - 享保21年1月10日1736年2月21日))は、肥前国平戸新田藩の初代藩主。

平戸藩第4代藩主・松浦鎮信の次男。母は志佐氏。正室は加藤泰興の娘。子は松浦邑(長男)、松浦馮(次男)、松浦信守(五男)、千本倶隆(六男)。通称は織部、大膳。

寛文5年(1665年)6月14日、将軍徳川家綱にお目見えする。元禄元年(1688年)4月27日、江戸城の中奥に勤務する。元禄2年(1689年)7月3日、父鎮信の隠居により、志佐・調川に1万石を分与されて支藩である平戸新田藩を立藩した。江戸城の帝鑑の間詰めとなる。宝永3年(1706年)5月7日に家督を長男・邑に譲って隠居した。隠居号は退入と号した。享保21年(1736年)正月10日に86歳で死去した。法号は万松院。墓所は東京都港区南麻布の光林寺。