メインメニューを開く

本項では、加速度(かそくど)大きさ比較(ひかく)できるよう、昇順にする。

加速度はベクトル量であるが、ここではその大きさを扱う。

加速度数量の比較
因数 単位 説明
10−11 10 pm/s2 超伝導重力計の測定精度[1]
. . .
10−8 10 nm/s2 一般的な持ち運び式重力計の測定精度
10−7 100 nm/s2
10−6 1 µm/s2
10−5 10 µm/s2
10−4 100 µm/s2 油田鉱床の調査で求められる重力異常(実際はこれより高い精度で調査される)
100–400 µm/s2 地震等がないときの地面の振動のおおよその値
166.713 µm/s2
(0.000017G)
チュリュモフ・ゲラシメンコ彗星の重力加速度
10−3 1 mm/s2 6 mm/s2 人に感じられる最小の揺れ(震度1の下限の目安。ただし周期1秒のとき)[2]
10−2 10 mm/s2 10 mm/s2 1 ガル (Gal = 1 cm/s2)
10−1 100 mm/s2 0.27 m/s2 小惑星セレスの重力加速度
277.78 mm/s2 1 キロメートル毎時毎秒 (km/h/s)
304.8 mm/s2 1 フィート毎秒毎秒 (ft/s2)
0.6 m/s2 冥王星の重力加速度
722.22 mm/s2
(2.6 km/h/s)
新幹線N700系電車
100 1 m/s2 1 m/s2 1 メートル毎秒毎秒
1.622 m/s2
(0.165 G)
の重力加速度
2.78 m/s2 水星の重力加速度
3.30 m/s2
(330 Gal)
関東大地震
3.71 m/s2 火星の重力加速度
4.5–6.0 m/s2 東海地震による揺れにも耐えられる建物のためのおおよその耐震基準
7.77 m/s2 天王星の重力加速度
8.18 m/s2
(818 Gal)
兵庫県南部地震
8.87 m/s2 金星の重力加速度
8.96 m/s2 土星の重力加速度
9.8 m/s2 建築基準法が定める、エレベーターの制動装置における垂直方向の加速度上限
9.80665 m/s2
(1 G)
地球の重力加速度(標準重力加速度
101 10 m/s2 11.0 m/s2 海王星の重力加速度
20.371 m/s2
(2037.1 Gal)
宮城県北部地震
23.12 m/s2 木星の重力加速度
25.154 m/s2
(2515.4 Gal)
新潟県中越地震
29.3318 m/s2
(2933.18 Gal)
東北地方太平洋沖地震(宮城県築館)
40.22 m/s2
(4022 Gal)
岩手・宮城内陸地震(地震による世界最大加速度[3]
49.0333 m/s
(5G)2
めまい、失神が生じ始める最小加速度
88 m/s2
(9G)
戦闘機パイロットの訓練における最大加速度(耐Gスーツを着用しない状態)[4]
102 100 m/s2 107.813 m/s2
(11G)
人間が立ち上がることが不可能になる重力加速度
176.52 m/s2
(18G)
血管に損傷が生じ始める加速度
274 m/s2
(27.94G)
太陽の重力加速度
453m/s2
(46.2G)
人間が実験で耐えることの出来た最大の加速度(1954年 ジョン・スタップ大佐がアラモゴード郊外のハラマン空軍基地で達成)
103 1 km/s2 2.09862km/s2
(214G)
人間が生還することの出来た最大の加速度(ケニー・ブラックがレース中のクラッシュ事故で受けた推定値)
104 10 km/s2 11.768km/s2
(1200G)
キツツキのつつき行動時の推定加速度
105 100 km/s2 101.986km/s2
(10400G)
モンハナシャコの捕脚の動きの推定加速度
106 1 Mm/s2 1.14Mm/s2
(116000G)
シリウスB(白色矮星)の重力加速度
2.942Mmk/s2
(300000G)
ドラキュラアリの顎の動きの推定加速度
3.96Mm/s2
(403627G)
生物が生育できる重力加速度の限界(大腸菌とParacoccus denitrificansで記録)[5]
. . .
108–1012 100 Mm/s2–1 TMm/s2 中性子星の重力加速度(非常に曖昧な値)[6]
. . .
1051 5.561×1051m/s2 プランク加速度

出典編集