北九州高速2号線

福岡県北九州市の、小倉北区の小倉駅北出入口から同市戸畑区の若戸出入口へ至る北九州高速道路の路線
北九州高速2号標識

北九州高速2号線(きたきゅうしゅうこうそく2ごうせん、Route 2)は、福岡県北九州市の、小倉北区小倉駅北出入口から同市戸畑区若戸出入口へ至る北九州高速道路路線である。

北九州高速道路
Japanese Urban Expwy Sign 0002.svg
北九州高速2号線
路線延長 4.3km
開通年 1980 - 1990年
起点 福岡県北九州市小倉北区室町
小倉駅北出入口
終点 福岡県北九州市戸畑区川代
若戸出入口
接続する
主な道路
記法
Japanese Urban Expwy Sign 0003.svg3号線
Japanese National Route Sign 0199.svg若戸大橋
若戸トンネル
テンプレート(ノート 使い方) PJ道路

接続高速道路編集

出入口など編集

出入口番号 施設名 接続路線名 起点から
(km)[1]
備考 所在地
北九州都市高速道路計画路線
201 小倉駅北出入口 国道199号 0.0 小倉北区
- 東港JCT 3号線 0.8
202 日明出入口 国道199号 1.5 小倉方面出入口
203 西港出口 2.7 若戸大橋方面出入口
204 戸畑出入口
戸畑本線料金所
福岡県道272号槻田戸畑線
国道199号
4.0 小倉方面出入口 戸畑区
205 若戸出入口 若戸大橋
若戸トンネル
4.3[2] 国道199号(一般道)及び市道川代中原東線とは接続せず
都市計画道路戸畑枝光線(計画)

戸畑区内に出入できる出入口は戸畑出入口のみである。若戸出入口は一般有料道路「若戸大橋」もしくは「若戸トンネル」にのみ直結しており、ともに一般道との出入は両有料道路の先の若松区となる。

歴史編集

  • 1980年(昭和55年)10月20日 : 東港JCT-日明出入口供用開始。
  • 1983年(昭和58年)10月6日 : 東港出入口供用開始。
  • 1989年(平成元年)8月30日 : 日明出入口-戸畑出入口供用開始。
  • 1990年(平成2年)3月31日 : 小倉駅北出入口-東港JCT、戸畑出入口-若戸出入口供用開始、全線供用開始。東港出入口廃止。西港出口供用開始。
  • 2012年(平成24年)9月15日:若戸出入口において若戸トンネル(新若戸道路)と接続

交通量編集

24時間交通量(台) 道路交通センサス

区間 平成17(2005)年度 平成22(2010)年度 平成27(2015)年度
小倉駅北出入口 - 東港JCT 11,830 10,668 8,800
東港JCT - 日明出入口 11,830 10,668 8,800
日明出入口 - 西港出口 11,830 10,668 10,488
西港出口 - 戸畑出入口 11,830 10,668 10,488
戸畑出入口 -若戸出入口 11,830 10,668 7,212

(出典:「平成22年度道路交通センサス」・「平成27年度全国道路・街路交通情勢調査」(国土交通省ホームページ)より一部データを抜粋して作成)

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 北九州都市高速道路営業距離表 (PDF)”. 福岡北九州道路公社. 2015年4月28日閲覧。
  2. ^ 北九州都市高速路線案内”. 福岡北九州道路公社. 2015年4月28日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集